IT用語図鑑 エンジニア編―開発・Web制作で知っておきたい頻出キーワード256

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

IT用語図鑑 エンジニア編―開発・Web制作で知っておきたい頻出キーワード256

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月22日 00時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 296p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798169101
  • NDC分類 007
  • Cコード C3055

出版社内容情報

駆け出しエンジニアが押さえたいIT用語を厳選!



★「1ページにつき1用語」を基本にイラスト付きで解説

一言での解説とイラストがあるから、IT用語を短時間で学びたい人にオススメ。



★「用語に関連する話」でさらにIT知識が身につく

紹介している用語に関連する事項を説明。さらに理解を深めよう。



★専門書の副読本や資格対策本として最適

「フィンテック」の項目であれば「ブロックチェーン」や「ダイナミックプライシング」など、

一緒に覚えておくべき関連性の高い用語の解説ページを記載。芋づる式に覚えられる。



ゼロトラスト、VPoE、ギグエコノミー、ERP、SFA、

正規表現、デプロイ、テスト駆動開発(TDD)、マテリアルデザイン、OAuth、決定木……

たくさんのIT用語をわかったふりをして聞き流していませんか?



本書は、ゼロトラストなどのトレンド用語から、

システム開発用語、Web用語の他、

「落ちる」「キックする」などの業界用語についても紹介しています。

入社1年目の方、文系でIT業界に就職した方や、

他業種から転職した方など、

ITの専門知識のない方でも理解できるように

やさしく解説しています。



わからない用語があったら、

まずは一言での解説とイラストを見て、

概要だけさらっとつかむことをオススメします。

巻末には、知りたい用語をさっと引ける索引付き!



目次

第1章 IT業界の動向がわかるトレンド用語

第2章 エンジニア1年目から知っておきたい基本用語

第3章 システム開発や実行環境の構築で使われるIT用語

第4章 Web 制作・運用で使われるIT用語

第5章 攻撃から守るセキュリティ・ネットワーク用語

第6章 人工知能に使われる技術用語

第7章 使いだしたら一人前!ITギョーカイ用語

内容説明

「IT業界」と一口にいっても、自分の担当している業務から少し離れると知らない言葉がたくさんあります。しかし、本書で厳選した用語を押さえておけば今後の最新用語もすんなり理解できるようになります。本書では、1つの用語に対して、イメージが湧くイラストや、用語に関連する話、用語の使用例などを掲載し、さまざまな角度から説明しています。そのため、暗記とは違って楽しく覚えられ、芋づる式に知識を思い出せるようになります。まぎらわしい用語の使い分けや、関連する用語の知識を身につけて、IT業界全体の動向をつかみましょう!

目次

第1章 IT業界の動向がわかるトレンド用語
第2章 エンジニア1年目から知っておきたい基本用語
第3章 システム開発や実行環境の構築で使われるIT用語
第4章 Web制作・運用で使われるIT用語
第5章 攻撃から守るセキュリティ・ネットワーク用語
第6章 人工知能に使われる技術用語
第7章 使いだしたら一人前!ITギョーカイ用語

著者等紹介

増井敏克[マスイトシカツ]
増井技術士事務所代表。技術士(情報工学部門)。1979年奈良県生まれ。大阪府立大学大学院修了。テクニカルエンジニア(ネットワーク、情報セキュリティ)、その他情報処理技術者試験にも多数合格。また、ビジネス数学検定1級に合格し、公益財団法人日本数学検定協会認定トレーナーとして活動。「ビジネス」×「数学」×「IT」を組み合わせ、コンピュータを「正しく」「効率よく」使うためのスキルアップ支援や、各種ソフトウェアの開発を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kid

12
IT用語図鑑[エンジニア編] 開発・Web制作で知っておきたい頻出キーワード256、知識補填で購入、エンジニア偏なので基礎知識が必須…かといって詳細記載ではないので、どちらにしても、ちょっと物足りない。でも、第7章ITギョーカイ用語は笑えた。2021/11/09

ニョンブーチョッパー

11
★★★☆☆ 知らないIT用語多数。これを全部覚えなくちゃいけないと考えるとかなりお腹いっぱい。パラパラ読んでおいて、どこかの場面でその単語に遭遇したときに戻ってくるとよいかも。最終章に書かれている用語は、たしかに、ビギナーにとっては戸惑うかもしれない。「上げる」「生きている」「枯れる」「怒られる」「落ちる」「落とす」「固まる」「切る」「食う」「こける」「殺す」「死ぬ」「叩く」「流す」「投げる」「なめる」「握り潰す」「吐く」「走る」「張り付く」「立てる」「技術的には可能です」「完全に理解した」2021/12/29

assam2005

10
2021年9月発行の本書。同じ作者の「IT用語図鑑 ビジネスで使える厳選キーワード256」(既読)より聞いたことがない言葉が多い。前回と同様、ザックリとした内容と象徴するイラストで印象づけ。いくらか勉強した上で読むのなら、ちょうどよい難易度な内容です。コロナの影響のせいかICT学校導入が顔を覗かせ、ゼネラリストよりもスペシャリストを求める時代のせいか機能特化型の項目が多いように思う。クライアント側の利便性向上に比例するかのようにエンジニア側の難度向上してる。ラストの「完全に理解した」に思わず笑い。2022/04/09

yasu7777

3
★★★★☆ 稲沢3220-5532021/12/02

ひょるひょる

2
参考になった。第7章の業界用語が地味に役立つ。2022/01/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18407980

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。