DB magazine selection
RDBMS解剖学―よくわかるリレーショナルデータベースの仕組み

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 194p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784798108643
  • NDC分類 007.6
  • Cコード C3055

内容説明

本書は、現在のデータベースの主流であるRDBMS(Relational Database Management System)の仕組みを解説したものである。リレーショナルモデルに基づくRDBMSの一般的な機能や動作について、図などを交えながらわかりやすく解説している。本書は特定のRDBMS製品を対象としてはいないが、OracleやPostgreSQLなどの例を挙げつつ、すべてのRDBMSが共通に持っている機能や要件を網羅している。これからデータベースを勉強する人、ビジネスでデータベースを利用していてパフォーマンスチューニングなどを検討している人には最適な一冊と言える。

目次

第1部 はじめに(データベースの基礎とディスクアクセス)
第2部 SQLの処理(SQLをどう料理するか(SQLの構文解析;SQLから演算へ)
カタログとインデックス ほか)
第3部 システム化のサポート(トランザクションの基礎;トランザクション制御とMVCC ほか)
第4部 複数データベースをまとめる(クラスタリングによる性能向上;データベースのパーティショニング)

著者等紹介

鈴木幸市[スズキコウイチ]
UNIXでの日本語ハンドリング、Oracleの移植、オブジェクトリレーショナルデータベースのエンジンの開発などに携わる。NTTデータ先端技術にて、Linux、PostgreSQLなどのオープンソースソフトウェアに関する技術を統括している

藤塚勤也[フジズカキンヤ]
沖電気工業、タンデムコンピュータズ(現ヒューレットパッカード)を経て、2003年よりNTTデータに勤務。オープンソース開発センタにて、フルオープンソースによるエンタープライズ向けシステムの実現を目指し、数々の技術開発に従事しており、特にデータベースに着目している
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。