ナースのためのスキルアップノート<br> 看護の現場ですぐに役立つ消化器内視鏡看護―診療現場での実践的なケアの方法が身に付く!

個数:

ナースのためのスキルアップノート
看護の現場ですぐに役立つ消化器内視鏡看護―診療現場での実践的なケアの方法が身に付く!

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年04月21日 02時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 175p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784798061986
  • NDC分類 492.9
  • Cコード C3047

出版社内容情報

ナースのための内視鏡看護の基本です。日本における死因の1位は悪性新生物、つまりがんです。なかでも消化器系のがんは多く、内視鏡検査の需要が高まっています。また医療現場ではチーム医療の構築が進められており、看護師は医師や、臨床検査委技師、臨床工学士、事務などの間の調整など重要な役割を担っています。さらにはCOVID-19の流行による感染対策の見直しや強化など、業務が多岐にわたっています。
本書では、こうした内視鏡の知識を消化器内視鏡を中心に学べるようになっています。初学者から予習復習、経験者のちょっとした確認に活用いただけるように構成しました。

chapter1 内視鏡の基礎知識
chapter2 内視鏡で診断できる疾患
chapter3 内視鏡検査
chpater4 内視鏡治療
chapter5 感染管理
chapter6 スコープの故障と予防策
chapter7 消化器内視鏡技師制度

内容説明

処置の流れと介助・看護のポイントがよーくわかる!

目次

1 内視鏡の基礎知識
2 内視鏡で診断できる疾患
3 内視鏡検査
4 内視鏡治療
5 感染管理
6 スコープの故障と予防策
7 消化器内視鏡技師制度

著者等紹介

青木亜由美[アオキアユミ]
1999年川崎市立看護短期大学看護学科卒業。1999~2014年昭和大学病院勤務。2014~2018年昭和大学江東豊洲病院勤務。2018年~現在NTT東日本関東病院内視鏡センター勤務。日本消化器内視鏡技師会編集委員会副委員長。関東消化器内視鏡技師会幹事、東京消化器内視鏡技師会幹事

河上真紀子[カワカミマキコ]
2000年川崎医療短期大学卒業後、川崎医科大学附属病院に勤務。2001年から内視鏡・超音波センターに配属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。