SB新書<br> ニュースの“なぜ?”は世界史に学べ〈2〉日本人が知らない101の疑問

個数:
電子版価格 ¥864
  • 電書あり

SB新書
ニュースの“なぜ?”は世界史に学べ〈2〉日本人が知らない101の疑問

  • ウェブストアに141冊在庫がございます。(2017年11月24日 00時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 256p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784797391657
  • NDC分類 209
  • Cコード C0295

内容説明

前作から1年半、世界はさらに混迷の度を深めています。まさかのトランプ政権発足、イギリスのEU離脱、ISの崩壊、米中対立…激変する世界のニュースも、根っこをたどればすべて同じ。それは、グローバリズムVSナショナリズムのぶつかり合い―。「歴史」という高みから、先行きの見えないニュースを、総ざらいしていきましょう。

目次

第1章 閉じこもる斜陽の超大国、アメリカ(なぜ共和党は「小さな政府」を選ぶのか?;なぜ東海岸にはユダヤ系移民が多いのか?;なぜ西海岸にはアジア系の移民が多いのか? ほか)
第2章 イギリスのEU離脱と、ヨーロッパの暗い未来(そもそも、EUとは何か?;フランスがドイツを恐れるのはなぜ?;なぜEUの本部はブリュッセルなのか? ほか)
第3章 朝鮮半島クライシスと中国、そして日本(なぜ共産主義の中国が経済成長できたのか?;中国人の「爆買い」はなぜ起きたか?;なぜ中国にはゴーストタウンが増えているのか? ほか)

著者紹介

茂木誠[モギマコト]
東京都出身。駿台予備学校世界史科講師。ネット配信のN予備校世界史講師。首都圏各校で「東大世界史」等の国公立系の講座を主に担当。iPadを駆使した独自の視覚的授業が支持を集めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

10万部突破シリーズ待望の第二弾!
これを読まずに、ニュースを語るなかれ!



「世界史から読み解くことで、ニュースが分かった!」
と反響を呼んだ、『ニュースのなぜは世界史に学べ』。
あの久米宏さんも大絶賛した第一弾から、2年。
ついに待望の第二弾が刊行となります。

トランプが大統領になり、予測がつかなくなった大国アメリカ。
北方領土返還が噂される、ロシアと日本の関係。
さらに英EU離脱や右傾化するフランス…。
ミサイル発射で暴走する北朝鮮とアジア情勢。

ニュースを鵜呑みにするだけでは、世界のニュースを読み解くことはできません。

前作で大好評の「1問1答」スタイルをに答えるスタイルを踏襲。
各国首脳の思惑、国益、国策に踏み込み、解説します。

学生からビジネスマン、教養人まで。
すべての日本人、必読の1冊です。