ルールズ・オブ・プレイ―ゲームデザインの基礎〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 625p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784797334050
  • NDC分類 797.9
  • Cコード C0055

内容説明

どうして人はゲームで遊ぶのか?いったい何が意味ある遊びを生み出しているのか?すべてはよりよいゲームを作るために。ゲームデザインの観点から、ゲームとその遊びを知り尽くす。

目次

ユニット1 核となる概念(意味ある遊び;デザイン;システム;インタラクティヴィティ ほか)
ユニット2 ルール(ルールを定義する;三つの水準のルール;ディジタルゲームのルール;創発システムとしてのゲーム ほか)

著者等紹介

サレン,ケイティ[サレン,ケイティ][Salen,Katie]
ゲームデザイナー、インタラクティヴデザイナー、デザイン教育者。これまでMIT,テキサス大学、パーソンズ美術大学、ニューヨーク大学、ロードアイランドデザイン学校、ヴィジュアルアーツ学校などで教鞭を執ってきた

ジマーマン,エリック[ジマーマン,エリック][Zimmerman,Eric]
ゲームデザイナー、ゲームデザイン理論家であり、ゲームラボ(gameLab)の共同創設者でCEOを務める。これまでMIT、テキサス大学、パーソンズ美術大学、ニューヨーク大学、ロードアイランドデザイン学校、ヴィジュアルアーツ学校などで教鞭を執ってきた

山本貴光[ヤマモトタカミツ]
1971年生まれ。コーエーでのゲーム制作(企画・プログラム)を経て、文筆業・ゲーム作家。東京ネットウエイブ、一橋大学大学院非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。