法と裁判と常識―法学者の生活四十年

個数:

法と裁判と常識―法学者の生活四十年

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 46判/ページ数 302p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784797252408
  • NDC分類 320.4
  • Cコード C3032

内容説明

法律の研究に力を注いできた民訴法学の泰斗・林屋礼二東北大名誉教授が法の精神と社会常識を踏えて裁判・行政のあり方を論じる―法の考え方・学び方、そして教え方のヒントに満れる好著。

目次

第1部 法と裁判と常識―講演記録から(法と裁判・行政と常識;現代法と信義誠実・権利濫用;憲法訴訟と裁判統計のはなし―私の駆け出しの頃と最近の研究;民事訴訟の比較統計的考察)
第2部 法学者の生活四十年―私の履歴書(中学(尋常科)・高校時代―古き良き時代
大学時代の回顧―手続法学の研究と教育
定年退官後の仕事)
第3部 エトセトラ―雑筆の文箱から(大学・ゼミのことなど;法学教育と裁判・執行;旅と街づくり)

著者等紹介

林屋礼二[ハヤシヤレイジ]
昭和5年12月、東京に生まれる。(旧制)府立高校文科、東北大学法学部卒業。学習院大学教授・東北大学教授を経て、現在、東北大学名誉教授。元日本学術会議会員、元宮城県県政オンブズマン
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。