• ポイントキャンペーン

非行少年の消滅―個性神話と少年犯罪

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 335,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784797222746
  • NDC分類 368.7
  • Cコード C3336

内容説明

本書は、近年の日本に見受けられる少年犯罪の特徴を、後期近代社会に特有の社会的性格の表われとして論じたものである。現在の少年たちが置かれている社会的状況の分析に研究の焦点を絞り、その状況を創出しているメカニズムの解明をとおして、この時代に特有の少年犯罪の性質を探るものである。

目次

1 少年犯罪をめぐる虚と実(「少年犯罪の凶悪化」言説の妥当性;非行キャリアの崩壊と暴発型犯罪;衝動化する少年たちの社会的性格 ほか)
2 「自分らしさ」を煽る社会(「個性的な自分」という強迫衝動;集団主義の残滓としての個性主義;「個性」という教育アスピレーション ほか)
3 非行少年の消滅と少年法(少年司法における適正手続と厳罰化;犯罪被害者の焦点化と少年法改正;非行少年というリアリティの崩壊 ほか)

著者等紹介

土井隆義[ドイタカヨシ]
1960年、山口県生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程中退。現在、筑波大学社会科学系助教授。社会学専攻
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。