ShoPro Books<br> バットマン:イヤー100(ワンハンドレッド)

個数:

ShoPro Books
バットマン:イヤー100(ワンハンドレッド)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月23日 22時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 240p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784796877671
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

内容説明

時は2039年、未来のゴッサムシティで一人の連邦警察官が殺害された。ワシントンが誇る世界最高の機密部隊が容疑者を追うなか、元ゴッサム市警本部長の孫にあたるゴードン警部は、独自の捜査を開始した。そして彼は、その容疑者が存在してはならない男だという事実にたどり着く。この暗澹たる未来には、政府の陰謀、超能力警察、ホログラム通信が満ちあふれ、プライバシーなどない。あらゆる人間があらゆることを知っている世界に“秘密の正体”などありえないのだが…唯一の例外があった。それは、人々が忘れ去ってしまった過去の英雄バットマンの存在だった。闇の騎士はこの事件の容疑者とされるが、誕生から100年後のこのゴッサムにバットマンは生きているのか?本当に彼が犯人なのか?アイズナー賞2部門(ベスト・リミテッド・シリーズ部門|ベスト・ライター/アーティスト部門)に輝いた、稀代のアーティストであるポール・ポープとホセ・ビラルビアが描いた表題作のほか、『ベルリン・バットマン』『ティーンエイジ・サイドキック』『ブロークン・ノーズ』も同時収録!

著者等紹介

ポープ,ポール[ポープ,ポール] [Pope,Paul]
ニューヨーク在住のカートゥーニスト。アーティスト、デザイナーとして世界的な知名度を誇る。1990年代初頭からコミック業界を中心に活動しているが、イタリアの服飾ブランドであるディーゼルやアメリカのDKNYでも数多くのプロジェクトを手がけている。2010年、アメリカ芸術評議会によりマスター・アーティストの称号を授与され、同評議会の顧問となっている。2010年に発表した短編コミック『ストレンジ・アドベンチャーズ』は、誰もが憧れる全米漫画家協会のルーベン賞(ベスト・コミック部門)を受賞した

ビラルビア,ホセ[ビラルビア,ホセ] [Villarrubia,Jos´e]
ハーベイ賞の受賞歴があるアーティスト。出身はスペインのマドリッドだが、人生の大半をボルチモアで過ごす。画家として修練を積み、10年以上前から世界各地で展覧会を開催するほどの一流カメラマンでもある。1994年以降、コミック業界でカラリストおよびフォト・イラストレーターとしての活動を始めた。主にDC、バーティゴ、マーベル、ダークホースで働くことが多いが、他のコミック出版社とも幅広く付き合っている。メリーランド美術大学で20年近く講師を務めた後、イラスト部門の部長の座に就いた

高木亮[タカギアキラ]
翻訳家。1967年生まれ。三重県出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えんじ

2
傑作。存在を知らなかった。きっと有名な本に違いない。この3年間に読んだアメコミの中ではベスト(プロメテアを読み終えてないので)。エルスワールドもので、別世界のバットマンを緻密に描いてます。正直、ぱっと見には受け入れがたい絵柄ですが、荒木飛呂彦や平野耕太にみられるようなえぐみと力強さがあります。肉が詰まった人体が動いて、歩き、殴り、跳ぶのが実感として伝わってくる。汚くて、かっこいい。すばらしい。いままで見た中でも最高のタフなバットマンの活躍が存分に味わえます。2019/11/02

隆二

2
表題以外にも2作入ってる一冊。表題のは、久々に面白いバットマンだった。マスクした顔がおっさんくさくて結構好き。残りのベルリンのバットマンとロビンのヤツは、まあ、ありかなって感じ。2019/06/09

リチャード

0
うーん、イマイチ刺さらなかった。2021/10/29

大阪

0
えぐみのある独特なアート、話は普通。ものすごいバットマンが痛めつける。2019/06/03

fap

0
SFのはずだが絵はアナログ。 定規で書かれたであろう直線はどこにも見当たらない。 技術が進んでも、いつものように官憲は腐っているし超能力者は差別されている。 手がかりを得るたびに真相に近づくけど、再発は防げなさそう。 言明はされていないけれど、このバットマンは長生きの湯に浸かっているのかな。 2019/05/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13594350

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。