文化の実践、文化の研究―増殖するカルチュラル・スタディーズ

個数:

文化の実践、文化の研究―増殖するカルチュラル・スタディーズ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 241p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784796702553
  • NDC分類 361.5
  • Cコード C1036

内容説明

「カルチュラル・タイフーン2003 in WASEDA」には400人を超える人たちが参加し、熱い議論が交わされた。それは、分野の異なる研究者がアクチュアルな問題設定の水準で対話を重ね、新たな思考の回路を紡ぎ出そうとするカルチュラル・スタディーズのポテンシャルと国際的な広がりを示すものだった。30歳前後の気鋭の研究者の報告を収録した本書は、都市の記憶と再編の政治学、政治的身体と権力、ハイブリッド・カルチャーの実践、メディア・リアリティのアルケオロジーなど、カルチュラル・スタディーズの今後の力強い展開を予感させる。

目次

1 錯綜する都市の文化(はたらくお化け、もの喰う怪物―現代のグローバル文化を斜めから見る;池波正太郎の「下町」 ほか)
2 コンタクト・ゾーンとしての身体(模倣領域―複数性としてのスポーツ技芸;接触領域としてのスポーツ・フィールド―身体の否定的認識について ほか)
3 ハイブリッド・カルチャー(wo‐manの出現に向けて―ポストコロニアル美術の現場から;レッド・アイ・ラプソディー―ミッシェル・ド・セルトーのヘテロロジー論によせて ほか)
4 メディアとリアリティ(第三世界表象論―ベトナム戦争とメディア;クイズがアメリカからやって来た ほか)

著者等紹介

伊藤守[イトウマモル]
1954年生まれ。早稲田大学教育学部教授。社会学、メディア・スタディーズ専攻。90年代のメディア文化に注目してきた。現在はメディア経験を成立させた歴史的文脈と視覚可能性の問題を考えている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。