吉本隆明全集〈9〉1964‐1968

個数:

吉本隆明全集〈9〉1964‐1968

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年11月20日 07時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 555p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784794971098
  • NDC分類 081.6
  • Cコード C0395

内容説明

政治的混迷の季節にマルクスを救出するという緊張のもと書かれた『カール・マルクス』と、「自立」を基礎づける諸論考を収録。

目次

1(この執着はなぜ;告知する歌)
2 カール・マルクス(二十一世紀のマルクス―文庫版のための序文;マルクス紀行 ほか)
3(自立の思想的拠点;頽廃の名簿 ほか)
4(鮎川信夫論―交渉史について;高村光太郎私誌 ほか)
5(30人への3つの質問;再刊・複刻を望む本 ほか)

出版社内容情報

政治の混迷の季節に、虚飾にまみれたマルクスを救出するという緊張のもと書かれた『カール・マルクス』と、「自立」を基礎づける諸論考を収録する[単行本未収録2篇]。月報は鹿島茂氏とハルノ宵子氏が執筆。

【著者紹介】
1924年、東京・月島生まれ。詩人、文芸批評家、思想家。東京工業大学工学部電気化学科卒業後、工場に勤務しながら詩作や評論活動をつづける。日本の戦後思想に大きな影響を与え「戦後思想界の巨人」と呼ばれる。2012年3月16日逝去。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件