犀の教室 Liberal Arts Lab<br> 子どもの人権をまもるために

個数:

犀の教室 Liberal Arts Lab
子どもの人権をまもるために

  • ウェブストアに48冊在庫がございます。(2018年07月18日 02時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 345p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794970343
  • NDC分類 316.1
  • Cコード C0036

内容説明

「子どもには人権がある」と言われるが、ほんとうにその権利は保障されているか。大人の「管理の都合」ばかりが優先され、「子どもだから仕方ない」で片づけられてはいないか。貧困、虐待、指導死、保育不足など、いま子どもたちに降りかかるさまざまな困難はまさに「人権侵害」。この困難から子どもをまもるべく、現場のアクティビストと憲法学者が手を結んだ。子どもたちがどんなところで困難を抱え、なにをすればその支えになれるのか。「子どものためになる大人でありたい」と願う人に届けたい、緊急論考集。

目次

子どもの権利―理論と体系
第1部 家庭(虐待―乗り越えるべき四つの困難;貧困―子どもの権利から問う、子どもの貧困 ほか)
第2部 学校(体育・部活動―リスクとしての教育;指導死―学校における最大の人権侵害 ほか)
第3部 法律・制度(児童相談所・子どもの代理人―子どもの意見表明権を保障する;里親制度―子どもの最善の利益を考えた運用を ほか)
子どもの権利を考える―現場の声と法制度をつなぐために

著者等紹介

木村草太[キムラソウタ]
1980年生まれ。東京大学法学部卒業、同助手を経て、首都大学東京法学系教授。専攻は憲法学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

虐待、貧困、指導死、保育不足など様々な困難から子どもをまもるために、現場のアクティビストと憲法学者が協同して編んだ論考集「子どもには人権がある」と言われるが、ほんとうにその権利は保障されているか。大人の「管理の都合」ばかりが優先され、「子どもだから仕方ない」で片づけられてはいないか。貧困、虐待、指導死、保育不足など、いま子どもたちに降りかかるさまざまな困難はまさに「人権侵害」。この困難から子どもをまもるべく、現場のアクティビストと憲法学者が手を結んだ。子どもたちがどんなところで困難を抱え、なにをすればその支えになれるのか。「子どものためになる大人でありたい」と願う人に届けたい、緊急論考集。

序章 子どもの権利──理論と体系  木村草太
【第1部 家庭】
第1章 虐待──乗り越えるべき四つの困難  宮田雄吾
第2章 貧困──子どもの権利から問う、子どもの貧困  山野良一
第3章 保育──待機児童問題は大きな人権侵害  駒崎弘樹
第4章 10代の居場所──「困っている子ども」が安心できる場を  仁藤夢乃
第5章 障害──障害をもつ子どもへの暴力を防ぐために  熊谷晋一郎
第6章 離婚・再婚──子どもの権利を保障するために親が考えるべきこと  大塚玲子
【第2部 学校】
第7章 体育・部活動──リスクとしての教育  内田良
第8章 指導死──学校における最大の人権侵害  大貫隆志
第9章 不登校──再登校よりも自立の支援を  大原榮子
第10章 道徳教育──「道徳の教科化」がはらむ問題と可能性  前川喜平
第11章 保健室──学校で唯一評価と無縁の避難所  白?洋子
第12章 学校の全体主義──比較社会学の方法から  内藤朝雄
【第3部 法律・制度】
第13章 児童相談所・子どもの代理人──子どもの意見表明権を保障する  山下敏雅
第14章 里親制度──子どもの最善の利益を考えた運用を  村田和木
第15章 LGBT──多様な性を誰も教えてくれない  南和行
第16章 世界の子ども──身体の自由、教育への権利、性と生殖に関する健康  土井香苗
終章 子どもの権利を考える──現場の声と法制度をつなぐために  木村草太


木村草太[キムラソウタ]
著・文・その他/編集

内田良[ウチダリョウ]
著・文・その他

大塚玲子[オオツカレイコ]
著・文・その他

大貫隆志[オオヌキタカシ]
著・文・その他

大原榮子[オオハラエイコ]
著・文・その他

熊谷晋一郎[クマガヤシンイチロウ]
著・文・その他

駒崎弘樹[コマザキヒロキ]
著・文・その他

白?洋子[シラハマヨウコ]
著・文・その他

土井香苗[ドイカナエ]
著・文・その他

内藤朝雄[ナイトウアサオ]
著・文・その他

仁藤夢乃[ニトウユメノ]
著・文・その他

前川喜平[マエカワキヘイ]
著・文・その他

南和行[ミナミカズユキ]
著・文・その他

宮田雄吾[ミヤタユウゴ]
著・文・その他

村田和木[ムラタカズキ]
著・文・その他

山下敏雅[ヤマシタトシマサ]
著・文・その他

山野良一[ヤマノリョウイチ]
著・文・その他