シバの女王の娘―躁うつ病の母と向き合って

個数:

シバの女王の娘―躁うつ病の母と向き合って

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 378p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784794967220
  • NDC分類 936
  • Cコード C0097

内容説明

「われはシバの女王なり」。黄色いシーツを体に巻きつけ、瞼に派手なアイラインを引き、お姫さま遊びのティアラでとび色の長い髪をまとめた母が、厳粛な面持ちでこちらを見つめている…。ウィスコンシン州の湖のほとりで、少年のように育った3人の娘たち。幼い頃から母親が躁うつ病を患い、自分にシバの女王やマリー・アントワネットのようなパワーがあると妄想し始めた。離婚、再婚、被害妄想、自暴自棄、交通事故に訴訟、と、これまで愛を与えてくれたはずの母親の暴走が続く。これは、ジャーナリストでもある著者、ジャッキ・ライデンの身におこった本当の話。本書を書きながら彼女は、その物語の力と意味を解読しようと試みる。悲しくも陽気で、人の心を深く揺り動かす母娘の物語。

目次

第1章 うるわしのミス・アメリカ
第2章 プッカワセイ湖での釣り
第3章 一九六〇年、メキシコ、テオティワカンにて
第4章 ウィスコンシンの狩の季節
第5章 時代の申し子
第6章 旅立ち
第7章 メソポタミア、カルタゴ、そしてテーベ
第8章 バビロンの地に住みながら
第9章 シバの女王

著者等紹介

ライデン,ジャッキ[ライデン,ジャッキ][Lyden,Jacki]
ワシントンDCおよびブルックリン在住。一九七九年非営利ラジオ局の全米ネットワーク、ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)入社。ニュース番組のホストおよび特派員を務める。九〇~九一年にはイラク特派員として湾岸戦争をレポート。二〇〇一年9月11日の米国同時多発テロ事件当日は、ブルックリンの自宅におり、NPRレポーターとして最初に事件を伝えた。アルフレッド・デュポン―コロンビア大学賞ほか受賞

宮家あゆみ[ミヤケアユミ]
神奈川県鎌倉市出身。ニューヨーク在住。ニューヨーク大学大学院・舞台芸術経営学修士課程を卒業。翻訳者、ライター。「アメリカン・ブックジャム」副編集長

熊丸三枝子[クママルミエコ]
九州大学理学部卒。ユニカレッジで翻訳を学ぶ。雑誌等に訳文を寄稿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くさてる

15
著者が子供のころから躁うつ病を患っていた母親との葛藤と愛情と闘いを通して家族の歴史と自分の人生の道程とを振り返った傑作自叙伝。小説のように面白い、というか小説のように読めるほど巧みな構成と文章で、ぐいぐい読ませる。母の狂気の物語を解読しようと奮闘する娘はイラク戦争を取材するジャーナリストに成長するけれど、戦場の狂気もまたそこには存在するのだ。ここに登場する人々の、なんと魅力的でエネルギッシュなことか。同時に、当事者の家族ならではのリアルな苦しみも十分に伝わってくる内容で、読みごたえあります。お勧めです。2020/08/22

デナーダ

0
狂気と正常2008/08/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/50432

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。