野球母ちゃん―そのパワー侮るなかれ

個数:

野球母ちゃん―そのパワー侮るなかれ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月30日 18時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 241p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794811080
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0036

出版社内容情報

祝・全国高校野球選手権大会100回記念! 野球少年を子にもつ母たちの泣き笑いの日々。感動・爆笑必至のドキュメンタリー! 全国の球児を支えるお母様方、「野球母ちゃん」としてデビューした日のことを覚えていますか? 息子が「野球をやりたい」と、あるいは夫が「息子に野球をやらせたい」と言い出したあの日、「野球って何だか厳しそう!」「サッカーの方がイマドキじゃない!?」と思ったことでしょう。それでも、門外漢だった母親たちが、いつしか前のめりに「野球母ちゃん」への道を突き進んでいくのです。
 不安を抱えて戸惑い、「こうあるべきだ」と自らハードルを上げてしまう母ちゃんたちの日常は、助け合いと泣き笑いの連続です。本書では、そんな母ちゃんたちを主役に、彼女らの時にコミカル、いつもひたむきな姿を描きました。
 「表情」をじっと見つめた幼年時代。「成長」を確認した中学時代。時代とともに、小さな両手に抱えていた荷物は目には映らない「心の荷物」へと形を変えていきます。そして、見守るしかできなくなった高校時代。そこで息子たちが見せてくれたものとは……?
 「甲子園、怖かった」と漏らしたのは、2017年の春、選抜甲子園大会に出場した池谷蒼大投手(静岡高校出身)のお母さんです。本書では彼女のコメントも紹介しています。そして、練習着の洗濯に欠かすことのできない「ウタマロ石けん」の製造元である(株)東邦さんへもインタビューを敢行しました。また、野球母ちゃんたちへの取材中、「分かる! そうそう!」と互いの共通点に笑い合い、なぜか涙する母ちゃんたちもいて、そういう涙の意味も綴っています。
 野球人気が全盛だった昭和、サッカー人気に押され始めた平成、そしていま、よき伝統を守りながら、野球は女性ファンをも魅了するスポーツへと変わりつつあります。「野球母ちゃん」の存在が、新しい時代を築いたのかもしれません。常にポジティヴな「野球母ちゃん」のパワー、ゆめ侮るなかれ、です!(かみかわ・やすこ)

神川靖子[カミカワヤスコ]
著・文・その他

池谷弘子[イケヤヒロコ]
著・文・その他

内容説明

勝てば乾杯、負ければふて寝。息子が「野球をやりたい!」、夫が「息子に野球をやらせたい!」と言ったその日から、母親達は「野球母ちゃん」へとのめり込んでいきました。ルールも知らないという不安を抱えて戸惑い、「こうあるべきだ!」と自らハードルを上げてしまう母ちゃん達の日常は、助け合い、泣き笑いの連続となりました。そんな母ちゃん達を主役に描いた、コミカルで、ひたむきにサポートする姿。

目次

第1章 野球母ちゃん、デビュー
第2章 母ちゃんは応援団
第3章 卒団
第4章 中学野球
第5章 選抜チーム
第6章 母ちゃんは野球職人
第7章 息子への愛
第8章 野球母ちゃんの絆―苦しいときに母ちゃんがいた
第9章 甲子園母ちゃん

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミキティ

7
私も10年以上野球母ちゃん。序盤、何度頭を激しく縦に降り、そうそう、そーなんだよー❗と心で叫んだでしょう。親友「ウタマロ」についても詳しく知ることになり改めて感謝。 読み進めていくうち、涙が止まらなくなった。長男の最後の夏を思い出したり、状況は少しずつ違っていても思う気持ちはどの母ちゃんも一緒。全国に同じ思いの母ちゃんがいることを励みに、春から新たなステージにたつ次男の応援ガンバろう❗心にド「ストライク」でした。2019/01/11

いつか

3
息子の野球チームのママ友(野球母ちゃんというべきか)に紹介されて。 初っ端から「あるある!」話に泣き笑い。ウタマロ愛はみんなそう。 母ちゃんは、いつでも息子のファン1号!親バカだと言われてもいい。下手だとしても、息子がプレーしている姿が好きなのです。2020/11/16

信号機

2
新刊の中に発見してから、必ず読みたいと思っていた本。念願叶って読了。読み始めて数頁で、野球母ちゃん達の愛情深さに涙が止まらない事止まらない事……(笑)。野球経験もなく母親でもない私には、知りたくても知ることのできない世界が見れて大変うれしい。母親がどう関わっているかがわかる貴重な一冊。2018/12/07

Mariko Shinohara

0
自分に置き換えて泣いちゃいそうで、長々とかかってようやく完読。 野球母ちゃん。楽しかったし、大人になってからの親友も出来た。貴重な体験を懐かしみながらの読書タイムでした。2022/02/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13200747
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。