ある子ども

個数:

ある子ども

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月24日 18時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 382p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794810892
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

出版社内容情報

 『ギヴァー』ファンのみなさま、長らくお待たせいたしました。シリーズ四部作の完結編(原題:SON)をお届けいたします。
 物語は、ひとりの男児の誕生からはじまります。彼を産んだのは、14歳の少女クレア。12歳で〈出産母〉を任命された彼女の、これが初産でした。〈コミュニティ〉では、すべての新生児は厳重な管理下におかれ、やがて「適正な養親」の手にわたります。母子は産後すぐにひきはなされ、二度と会うことはできません。クレアも掟にしたがい、わが子をあきらめようとします。しかし、どうしてもあきらめきれません。とかくするうち、男児は「社会不適合」の烙印をおされ、処刑が確定します。
 この赤ん坊がだれか、みなさますでにおわかりでしょう。そう、ジョナスの運命を変えたゲイブです。つまり本作は、ゲイブとその母の物語です。
 もちろん、作者は寓話の達人ですから、それだけで話はおわりません。前作『メッセンジャー』の世界に暗い影をおとした〈トレード・マーケット〉の謎が、クレアたち母子をまきこみつつ、善と悪の最終決戦へと発展していきます。そこにジョナス、そして第二作の主人公キラ、前作で非業の死をとげたマティもからんできます。
 そして、これもいつもどおり、スリリングな展開のあわいにいくつもの問いが埋めこまれています。まつろわぬ自然の象徴としての赤ん坊。代理出産やデザイナーベイビーをめぐる生命倫理の問題。当然視されている「取引」や「交換」という行為の陥穽。「力」「旅」「記憶」の意味……シリーズ全作にいえることですが、今回も思索と対話をうながす教養小説としての醍醐味に溢れています。
 はたしてクレアとゲイブは、母子として再会することができるのか。それを阻もうとする邪悪な「力」に、ジョナスたちはどのように立ちむかうのか。現代の『オデュッセイア』ともいうべき壮大な物語の環が、おどろくべき仕方で、しずかに閉じてゆく瞬間をお見逃しなく。(しまづ・やよい)

ロイス・ローリー[ロイスローリー]
著・文・その他

島津やよい[シマズヤヨイ]
翻訳

内容説明

少女は14歳で“イレモノ”となり、“産品”を身ごもった。やがて産まれた男児には、ある「欠陥」があった―はたして少女は“母”になることができるのか?全世界1,200万部のミリオンセラー『ギヴァー』(2014年映画化)、その続編『ギャザリング・ブルー』『メッセンジャー』で提起されたすべての謎が、いま解き明かされる!“ギヴァー4部作”堂々完結。

著者等紹介

ローリー,ロイス[ローリー,ロイス] [Lowry,Lois]
アメリカの児童文学作家。1937年ハワイに生まれる。連合国陸軍の歯科医将校だった父について各地を転々とし、第二次世界大戦が終結してまもない1948~50年、11歳から13歳までの少女時代を東京で過ごす。1977年、夭逝した姉の思い出を題材とした処女作A Summer to Die(邦題『モリーのアルバム』)を発表、高く評価される。ナチス占領下のデンマークを舞台に、自由と友情を求める少女の姿を描いたNumber the Stars(邦題『ふたりの星』)と、The Giver(邦題『ギヴァー 記憶を注ぐ者』)で、世界的に名高い児童文学賞「ニューベリー賞」を受賞(1990年度と94年度)

島津やよい[シマズヤヨイ]
1969年生まれ。91年早稲田大学第一文学部卒。人文書出版社での勤務を経て翻訳・編集業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

杏子

26
切れ切れに読んで、やっと読み終わった。ギヴァーからだとどれほどの年月経ったことか!細かいストーリーなど忘れてる部分があり、それで時間がかかったが、最後まで読めてよかった。また最初から読んでみたい。クレアが魅力的。崖登りのシーンは手に汗握った。後半、ジョナスやキラが出てきてそういえば!とおぼろげな記憶が少しだけ戻った。結末はこれで終わり?と思うほど突然だったが、大団円だからよいのか。管理社会の是非についてははっきりと書かれてないが、読者に委ねた形?やはりファンタジーやSFではなく、問題提起の作品なのかも?2019/04/27

鳩羽

13
自分の仕事を定められる十二歳の儀式で「出産母」を定められたクレアは、1度目の出産で失敗し、その任を解かれて魚の養殖担当になる。けれど産んだ一人の息子の存在が気にかかり、なんとか息子の所在を突き止め会おうとする。厳しく管理された代わりに、平穏で退屈な社会の異端となったクレアの激しい半生が物語られ、努力や修練は描かれる冒険小説のような部分もあり、飽きさせない。個人の内面を綿密に掘り下げたりはせず、とはいえ、管理社会コミュニティの是非の判断もせず、対決するのは漠然とある「悪」なので、落着感はない。2018/06/25

Ra

12
ずっと心待ちにしていた本。前3作を読んだのは何年も前のこと。復習もせずに読みはじめたが、懐かしい名前が出てくる度にうれしくなる。前半の秩序正しいコミュニティに感じる違和感は、1作目を読んだときの衝撃を思い出した。いつか全作読み直したい。2018/07/19

ぐら

11
ギヴァーシリーズの完結編。 一作目ギヴァーでジョナスと一緒に逃げた赤ちゃんゲイブと、ゲイブの母クレアが主人公。どんなにシステム化して統制しようとしたって、どこかで綻びが生じて、それがその世界では消されてしまう不適合の子どもとして姿形を表す。どんなに環境や社会に私たちのこころを適応させようとしたって、私たちのこころが望むものをなくすことなんてできない。そう思わせてくれる最終作だった。2019/06/17

みずけろ

10
ギヴァー・シリーズ4部作最終巻。物語は第1巻で描かれた都市〈コミュニティ〉に戻って、〈出産母〉となった少女クレアから始まる。このクレアがとても素敵で、めげず諦めず、困難を前にしても毅然と立ち向かう姿に見とれてしまう。彼女の強さは第1巻のジョナスと同じで、一歩を踏み出せる勇気にあるのだと思う。物語の後半では、そのジョナスたちも出てきて、これまでに紡がれてきた物語がつながり、結末へと誘われる。ここまで読んできて良かった。面白かった!満足!2018/05/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12756037

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。