文化を育むノルウェーの図書館―物語・ことば・知識が踊る空間

個数:

文化を育むノルウェーの図書館―物語・ことば・知識が踊る空間

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年05月19日 18時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 299p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784794809414
  • NDC分類 010.238
  • Cコード C0000

内容説明

隠れた図書館大国ノルウェー。その先進性と豊かさに学ぶ。ブックボートがフィヨルドを走る!―。

目次

序章 ノルウェー社会と図書館
第1章 ノルウェーの図書館の実際―サービス・プログラム・施設
第2章 ノルウェーの図書館をめぐる旅―個性派揃いの図書館から学んだこと
第3章 ノルウェー図書館サービスの基盤―歴史・法・制度
第4章 ノルウェーの図書館員
第5章 ノルウェーの図書館における多様な利用者へのサービス
第6章 ノルウェーの読書事情と出版事情
終章 ノルウェーの図書館を支える理念―図書館のアイデンティティ

著者等紹介

マグヌスセン矢部直美[マグヌスセンヤベナオミ]
1959年大阪府生まれ。1983年立教大学文学部日本文学科卒業(司書資格取得)。1987年玉川大学通信教育学科(小学校教諭免許取得)。1985年‐1991年立教女学院小学校勤務(司書教諭)。この間、東京子ども図書館「お話の講習会」を受講。1991年‐1992年ノルウェー政府奨学生としてオスロ大学人文学部に在学。1998年オスロ大学人文学部Cand.mag.取得(民俗学)。2004年オスロ・ユニバーシティー・カレッジ(司書資格取得)。1998年からオスロ大学人文学社会学図書館勤務。東アジア関係資料等担当。シニアライブラリアン

吉田右子[ヨシダユウコ]
1963年東京都生まれ。1992年図書館情報大学大学院修士課程修了。1997年東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。図書館情報大学助手を経て、筑波大学大学院図書館情報メディア研究科教授(公共図書館論)。2008年8月から2009年3月までデンマーク王立情報学アカデミー客員研究員

和気尚美[ワケナオミ]
1983年埼玉県生まれ。2011年筑波大学大学院図書館情報メディア研究科博士前期課程修了。2013年現在、筑波大学大学院図書館情報メディア研究科博士後期課程在籍、デンマーク政府奨学生としてデンマーク王立情報学アカデミーへ留学中。研究分野はエスニック・マイノリティの公共図書館利用(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

険しい地勢条件を乗り越え、充実したシステムを構築している“隠れ図書館大国”ノルウェー。その先進性と豊かさに学ぶ。
公共図書館の世界では、北欧の図書館はサービスのレベルや利用率の高さによってとても高く評価されている。そして、多くの研究者がその様子を報告してきた。とはいえ、話題に上る常連国は決まっている。安定した図書館制度をもつデンマーク、社会福祉制度のなかにしっかりと図書館が位置づけられているスウェーデン、教育成果の躍進が注目を集めているフィンランド、この三か国である。なぜか、そこにノルウェーは登場しない。ノルウェーと聞いて、読者のみなさんが真っ先に思い浮かべるのは切り立った岸壁と真っ青な海面で知られるフィヨルドであろう。その険しいフィヨルド地域に住む人びとに図書を届けるために、本を積んだブックボートが峡谷を縫うように運航している。起伏に富む国土の隅々にまで、図書館ネットワークが張りめぐらされていること、資料の電子化をいち早く進めてサービスに連動させていること、どこにいても同じレベルの図書館サービスが安定的に受けられること、そして時代の流れに寄り添いながら言語と文化を守り伝えるために図書館が存在していること……ノルウェーの図書館から学ぶことはたくさんある。ノルウェーは隠れた図書館大国なのである。そのことを一人でも多くの人に知ってもらいたくて本書を著すことにした。読者のみなさんが、デンマーク・スウェーデン・フィンランドの北欧図書館トリオにノルウェーを仲間入りさせて、カルテットとして北欧の図書館を認識していただけるようになれば、私たちはとてもうれしい。(著者 吉田右子)