読書がさらに楽しくなるブッククラブ―読書会より面白く、人とつながる学びの深さ

個数:

読書がさらに楽しくなるブッククラブ―読書会より面白く、人とつながる学びの深さ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月02日 13時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 236p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784794809285
  • NDC分類 015.6
  • Cコード C0037

出版社内容情報

「楽しくて、読むことが好きになり、刺激があり、大きな学びが得られ、人間関係の構築に寄与する」―いいことずくめの読書法を具体的に指南。
先日、ある知人から、「なぜ、今ブッククラブなんですか?」と聞かれました。それに対して、「類い稀なる学びの方法だから」と答えました。続いて、「読書会とブッククラブの違いは何ですか?」と聞かれたので、「楽しいか、楽しくないか」と答えました。集まった人たちが楽しめていれば「ブッククラブ」ということです。欧米諸国では、ブッククラブを楽しむ文化が長年にわたって続いています。例えば、『ジェイン・オースティンの読書会(The Jane Austen Book Club)』という本を読むか、同名の映画を観れば明らかでしょう。一方、日本では、大学で行われているゼミの「輪読会」や、社会人になってからの勉強会などが行われていますが、「楽しい」という感覚が薄く、あくまでも勉強の手段と位置づけられているように思います。また、学校などで「読書会」と称されているものも、司会者(教師)のもと多人数で行い、一斉授業の変形としか捉えられそうにありません。ブッククラブは、①楽しく、②読むことが好きになり、③刺激があり、④大きな学びがあり、⑤人間関係を築くために、最高の機会となります。このブッククラブを多面的に紹介し、広く日本社会で実践してもらうことが本書の目的です。すでに、日本においても、「飲み会」ならぬ「読み会」として毎週7、8名ほどの会社員が集まって行われているものや、学校の授業の一環として行われているものなどがあります。それらにおける「学び」の効果や「考える力」の向上、そして「楽しい」様子も、写真などを交えて紹介していきます。世代とジャンルを超えて行うブッククラブ、是非、あなたも。(著者 吉田 新一郎)

内容説明

読むことが好きになり、学びと人間関係を築くための最高の機会である「ブッククラブ」。世代とジャンルを超えて「考える力」の向上を。

目次

1 ブッククラブとは(ブッククラブの特徴、歴史、広がり;多様にあるブッククラブの進め方;ブッククラブを通して身につく力や資質)
2 具体的なブッククラブの紹介(大人対象のブッククラブ;学校でのブッククラブ;海外のブッククラブ)
3 ブッククラブの運営方法(つくり方;時間と場所の設定―準備および初回の大切さ;本の選び方;話し合いの仕方;振り返り/評価)

著者等紹介

吉田新一郎[ヨシダシンイチロウ]
現在、「学び、出会い、発見の環境としくみをつくりだす」ラーンズケイプ(Learnscapes)の代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

マエダ

94
図書館で借りたが読んでみて即購入した。読書会ここではブッククラブと言っているがその多様な進行方法や、運営方法、様々なブッククラブの紹介までと目からウロコであった。今自分の中で一番必要と感じた一冊。2017/08/03

壮の字

61
たしかに「朝読書」は我が子等もみんなやってるみたいだから定着しているのだろう。そこからさらに一歩踏み込みたくなる本である。それぞれが違う本を選んで読みっぱなし、まったく勿体ないこと。「読書」には、同じ本を読んでも読み手の数だけ読み方や解釈の正解があるところに、国語教育とはちがう面白さがある。「朝読書」を発展させて、それぞれの違いをアウトプットさせる活きた場にできないか。さすれば「読書」が好きになり、つられて私みたいな「国語」嫌いが減ればよろし。ブッククラブは読メでも使える好アイテムではある。2016/05/09

yukiko-i

22
ブッククラブを運営するにあたり、どのようなところに注意すべきか、多くの具体例とともに紹介されているので、わかりやすい。またブッククラブの運営方法も詳述されているので、参考になった。2015/08/28

舟江

17
読書会を運営しなければならないかもしれない立場に立たされ、慌てて図書館より借りてきた。至れり尽くせりの内容だった。本の読み方まで書いてあり、読書会の関係者は、是非読んで頂きたい。2017/08/02

なかむらたろう

16
ブッククラブというコミュニティーがあるとは知らなかったな。 そういうコミュニティーを作るため、あるいは継続させる為にはどうすれば良いかを知りたくて読み始める。 実際に活動してる人の声やインタビューが多いのも勉強になった。 ぜひ、やってみたい。2018/01/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5835447

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。