日本語がもっと面白くなるパズルの本~難問、奇問、愚問を解く~

個数:1
紙書籍版価格 ¥534
  • Kinoppy
  • Reader

日本語がもっと面白くなるパズルの本~難問、奇問、愚問を解く~

  • 著者名:清水義範
  • 価格 ¥432(本体¥400)
  • 光文社(2011/02発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

「関所」「装物所」「高野山」「渡辺綱」これどんな場所?「分けるとひとり」は漢字でどう書く?「焦慮い」はなんと読む? 日本語の幅の広さと楽しさ、道具としての素晴らしさに注目して「言葉の達人」がつくった国語問題集。どの問題も必ず、言葉の知識や面白さにつながっていて、言葉で遊び、笑ううちにいつしか日本語に強くなる本。

目次

1章 日本語パズル 蕎麦ときしめん
2章 日本語パズル 名前がいっぱい
3章 日本語パズル 永遠のジャック&ベティ
4章 日本語パズル やっとかめ探偵団