関西学院大学研究叢書<br> アジア市場を拓く―小売国際化の100年と市場グローバル化

個数:
  • ポイントキャンペーン

関西学院大学研究叢書
アジア市場を拓く―小売国際化の100年と市場グローバル化

  • 川端 基夫【著】
  • 価格 ¥3,080(本体¥2,800)
  • 新評論(2011/12発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 56pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月27日 00時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 328p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784794808844
  • NDC分類 673.7
  • Cコード C0033

出版社内容情報

100年に及ぶ日本小売業の海外進出史。その苦闘の歴史から「アジア市場の真実」と「市場との正しい向き合い方」を探る!

今、日本企業の海外市場進出が勢い付いている。近年、注目を集めているのは、中国をはじめとする新興市場、特にアジアの消費パワーである。それゆえ、市場開拓を目指す企業の顔触れも、自動車や家電のみならず食品、アパレル、化粧品、家庭用品(洗剤や生理用品)、スポーツ用品といった身近な商品を生産する消費財メーカーへと拡大してきている。 しかし、海外の消費市場への参入は簡単ではない。国境を越えると、人々のライフスタイルや価値観は大きく変化するし、商品の販売を支える社会システムや社会基盤のあり方も大きく異なってくるからである。それゆえ、市場の拡大とは裏腹に、進出によって思うような成果を得られない企業も少なくない。この海外の消費市場開拓については、日本の小売業がすでに豊富な経験を有している。日本の小売業は、実に100年以上も前からアジアを中心とする海外の消費市場に進出を重ね、そこで多くの学習を積み重ねてきたことは案外知られていない。2011年9月末までに海外に出店された日本の小売店舗は、百貨店で153店、スーパーで460店にも及ぶ。ところが、それらの海外店舗の多くは、実はすでに閉店してしまっている。その閉店率は、驚くなかれ、百貨店もスーパーも7割に達しているのである。海外市場には、一体どのような「市場の罠」が待ち受けていたのであろうか。また、海外市場で生き残り発展を続ける小売業は、どのような「市場の鍵」をつかんだのであろうか。本書は、100年余りにわたる日本の小売業の海外進出史を詳細に振り返り、そこから得られる歴史の示唆をあぶりだそうとする試みである。具体的には、明治期の三越による朝鮮半島進出から、バブル期の海外進出ブームを経て、現在に至るまでの小売業によるアジア市場開拓史の全容を解明し、そのプロセスで小売業がどのような苦闘を経験してきたのかを丹念にトレースして、市場戦略の観点からその分析を行ったものである。本書から浮かび上がる「アジア市場の真実」は、新興市場の富裕層や中間層に目を奪われている多くの日本企業に、市場との正しい向き合い方を教えてくれるであろう。(著者 川端基夫)

内容説明

消費の場としての「アジア市場」の真実を探る。100年余りにわたる日本の小売業の海外進出史を振り返りながら、アジア市場開拓史の全容を解明。

目次

歴史の転換点に立って
戦前・戦中期における海外での市場開拓
戦後期における海外市場開拓の全容と現況
東南アジア市場の開拓(インドネシア、フィリピン、シンガポール;タイ、マレーシア)
東アジア市場の開拓(香港、台湾、韓国;中国大陸)
欧州の市場開拓―アジアの市場開拓との新しいリンケージ
戦後期の大量閉店・撤退は何を語るのか
アジアの新興市場をどう捉えるのか

著者等紹介

川端基夫[カワバタモトオ]
1956年生。大阪市立大学大学院修了、博士(経済学)。関西学院大学商学部教授。専門は国際流通論、産業立地論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yuuna

1
授業の関係で読んだけど、東南アジアの市場の特性なども知れたので、ロレアルのコンペにも役立ちそうー!2013/01/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4263976

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。