劇場としての書店

個数:

劇場としての書店

  • 福嶋聡
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 新評論(2002/07発売)
  • ポイント 20pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784794805690
  • NDC分類 024
  • Cコード C0036

出版社内容情報

書店は常に何かを抱えて来店する読者と本と書店員の予期せぬ出会いが生まれる「劇場」である。この劇場を活性化するには?挑戦し続ける書店人からの報告とメッセージ。
著者は言う、書店は劇場に似ている、と。 書店現場での日常はとても劇的である。それは、読者がいつも何かを抱えて書店にやってくること、そして書店には予想もしなかった出会いがありうることによる。 その構造は、よくできた演劇作品とまったく同型といえる。本書は、徹頭徹尾書店現場についての、すなわち「本番の舞台」についての本である。 出版不況が声高に叫ばれ、業界の構造的な問題があげつられ、危機的な状況の犯人さがしが執拗に行われる。しかし、出版・書店業界は危機的状況の中でこそ書店現場(地)に足をつけ、「読者に書店という劇場に足を運んでもらうにはどうしたらよいか?」を真剣に問うべきだと、著者は熱く訴える