イヤイヤ訪ねた世界遺産だったけど―アジアで見つけた夢の足跡

個数:

イヤイヤ訪ねた世界遺産だったけど―アジアで見つけた夢の足跡

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 332p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794805317
  • NDC分類 292.09
  • Cコード C0022

内容説明

韓国・インドネシア・カンボジア・タイ・ラオス開き直って巡り巡ったその地には真実の姿が待ち受けていた!アジア世界遺産旅游記。

目次

第1章 「似て非なる国」再見の旅―韓国(韓国への思い;いざ、韓国へ ほか)
第2章 宗教のかたちと民族のかたち―インドネシア(シンガポールの昭南旅館;脱亜入欧のショップハウス ほか)
第3章 文明の系譜は今どこへ―カンボジア(プノンペンの記憶;シェムリアップの村人 ほか)
第4章 微笑みの国の舞台裏―タイ(発熱アジアが迎えた試練;魔都バンコクのイメージ ほか)
第5章 変わらない、という豊かさ―ラオス(アジアでいちばん静かな首都;ビエンチャンから郊外へ ほか)

著者等紹介

大西剛[オオニシツヨシ]
1959年大阪生まれ。京都大学卒業後、会社勤務を経てフリーランスのコピーライターに。趣味は旅行。学生時代は決して海外に行かないと心に誓うが、29歳で初めて海を越えニュージーランドに4カ月滞在、36歳でアジアに目覚める。以後アジア18カ国・地域をめぐり、世界遺産約20カ所を訪ねる。日本グラフィックデザイナー協会会員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

【アジアで見つけた夢の足跡】韓国・インドネシア・カンボジア・タイ・ラオス―開き直って巡り巡ったその地にはアジアの真実の姿が待ち受けていた!アジア世界遺産旅游記!!
ユネスコ総会で世界遺産条約が採択されたのは1972年のことである。ところが、わが国において世界遺産が注目されるようになったのは、ほんのここ数年のことである。日本がこの条約を批准したのが1992年、実に世界で125番目の加盟国であった。著者は日本で世界遺産になかなか注目が集まらなかったのは上記ような理由の他に現代の日本人がきわめて歴史に関心の薄い人種であることも一因ではないかと考える。そのような日本人である著者が情報誌の取材という名目のもとにイヤイヤ訪ねた世界遺産であったのだが、干からびて物言わぬはずの「文明の化石」は思いのほか多弁であった。(口絵4頁あり)