近代ドイツの国家と民衆―初期エトガー・バウアー研究(1842‐1849年)

個数:

近代ドイツの国家と民衆―初期エトガー・バウアー研究(1842‐1849年)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 228p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784794802309
  • NDC分類 134.5
  • Cコード C3010

出版社内容情報

【初期エトガー・バウアー研究(1842-1849)】ヘーゲル左派の理論家バウアーの思想形成の分析を通じて,近代の実現とその揚棄という社会思想史上の重要課題に光を当てた野心作。

内容説明

ヘーゲル左派の理論家エドガー・バウアーの思想形成の分析を通じて、近代の実現とその揚棄という社会思想史上の重要課題に光を当てた、注目の野心作。

目次

第1部 初期エトガー・バウアー研究(1842―1849年)(ヘーゲル左派としての自己形成;近代国家の揚棄―私的所有を超えた政治的公共性;社会変革の主体の模索―1843年から1844年までの思想形成過程;純粋批判の受容視角の異相と独仏啓蒙主義研究の意義;政治化を通じた政治なき社会の実現―エドガー・バウアーとベルリン・1848年革命)
第2部 文献目録