ラテンアメリカ 家族と社会

個数:

ラテンアメリカ 家族と社会

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月15日 15時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 298p/高さ 21X15cm
  • 商品コード 9784794801531
  • NDC分類 361.63
  • Cコード C0030

出版社内容情報

コロンブス以前の先住文化と,イベリア半島から持ち込まれた文化など,人種民族,階級格差による多様性をもつラテンアメリカ社会の「家族」に光をあてた野心作!

内容説明

「家族」の視点から促えた初のラテンアメリカ“500年”史。

目次

序章 ラテンアメリカの家族史の姿
第1部 家族の史的展開(メキシコの家族史;ニカラグアの家族―サンディニスタ革命と新しい家族像;ペルー家族史―家族の伝統と近代化;ブラジルの家父長制家族の形成と展開;アルゼンチンにおける社会変動と家族;黒人家族と奴隷制度―ブラジルの場合)
第2部 現代ラテンアメリカの家族の諸相(家族と国家―法制度からみたラテンアメリカの家族;ラテンアメリカの家族と教会―ブラジルを中心として;労働力再生産単位としての世界―コロンビアの若年労働者の役割;ブラジルの企業と家族;ラテンアメリカにおける家族の心理―特にメキシコの家族について;文学のなかのインディオの家族像―ロサリオ・カステリャーノスにみる女性と家族;現代ラテンアメリカの社会と家族―実像と展望)