近代インド思想の源流―ラムモホン・ライの宗教・社会改革

個数:

近代インド思想の源流―ラムモホン・ライの宗教・社会改革

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 267p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784794800817
  • NDC分類 289
  • Cコード C3010

内容説明

19世紀末から20世紀初頭のインドの社会宗教改革、民族運動に先駆的役割を果し、東洋と西洋の架橋をめざすブランモ協会を創設。近代インドの「父」の思想と生涯を詳述。

目次

第1章 近代インドとベンガル
第2章 ラムモホン・ライの生涯
第3章 唯一神信仰とヒンドゥー教改革思想
第4章 キリスト教徒との論争
第5章 普遍的宗教の思想と実践
補論1(ベンガルの経済とラムモホン・ライ―アショク・シェンの論文の紹介;デベンドロナト・タゴール研究―ブランモ協会の思想と実践基盤の形成)

出版社内容情報

【ラムモホン・ライの宗教・社会主義】近代インドにおける宗教,社会,教育など,あらゆる方面の開拓者,近代インドの父ラムモホン・ライの生き方とその思想的背景。