遺伝子の社会

個数:

遺伝子の社会

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月01日 01時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 285p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784757160699
  • NDC分類 467.2
  • Cコード C0045

出版社内容情報

『利己的な遺伝子』から40年 進化生物学の最前線

本書は、ドーキンス『利己的な遺伝子』(1976)以後40年の進化生物学研究の豊かな蓄積を背景に、遺伝子たちが生存への闘いの中でどのように協力あるいは競争しているかを包括的に展望します。
「システム生物学」のパイオニアである著者イタイ・ヤナイとマルティン・レルヒャーは、ドーキンスの有名な比喩に反して、ゲノムは自己の生存だけをめざす遺伝子からできているのではなく、同盟と敵対をくりひろげるメンバーからなる「遺伝子の社会」であると述べます。
個々の細胞から種全体にまで及ぶ遺伝子の戦略を明らかにし、ガン細胞、ネアンデルタール人、セックスなど、さまざまな事例におけるゲノムの働きをとらえながら、つねに「遺伝子間の相互作用」を中心に据えることでのみ「生命の論理」を理解できることを、平明な言葉で語ります。
遺伝子、進化論、生物学に関心のあるすべての読者の必読書です。

序文
序章
第1章 八つの簡単なステップを経て進化するガン
第2章 敵はあなたをどう見ているか
第3章 有性生殖(セックス)の目的は何か?
第4章 クリントン・パラドックス
第5章 複雑な社会に暮らす放埒な遺伝子たち
第6章 チューマン・ショウ
第7章 問題は使い方にある
第8章 窃盗、模倣、革新の根
第9章 物陰の知られざる秘密
第10章 フリーローダーとの勝ち目のない戦い

イタイ・ヤナイ[イタイヤナイ]
ニューヨーク大学医学部教授(生化学・分子薬理学)・計算医学研究所所長。ハーバード大学、ワイツマン科学研究所(イスラエル)、イスラエル工科大学(テクニオン)准教授(生物学)・テクニオンゲノムセンター所長を経て現職。

マルティン・レルヒャー[マルティンレルヒャー]
ドイツ、デュッセルドルフのハインリッヒ・ハイネ大学教授(生物情報学)。ケンブリッジ大学でPhD(理論物理学)取得後、バース大学(イギリス)とハイデルベルクのヨーロッパ生物学研究センターでゲノムを研究。

野中 香方子[ノナカ キョウコ]
翻訳家。お茶の水女子大学卒業。訳書=ロバーツ『人類20万年 遥かなる旅路』(文藝春秋)、フランシス『エピジェネティクス 操られる遺伝子』(ダイヤモンド社)、ポーラン『人間は料理をする』、メスーディ『文化進化論』(以上、NTT出版)など。

内容説明

本書は、ドーキンス『利己的な遺伝子』(1976)以後40年の進化生物学研究の豊かな蓄積を背景に、遺伝子たちが生存への闘いの中でどのように協力・競争しているかを包括的に展望します。著者のヤナイとレルヒャーは、ドーキンスの古典的名著の時代には説明しきれなかった遺伝子の集合的なふるまいを丹念に解き明かし、ゲノムは自己の生存だけをめざすバラバラな遺伝子の集まりではなく、同盟と敵対をくりひろげる「遺伝子の社会」であると語ります。個々の細胞から種全体までの遺伝子の戦略を明らかにし、ガン細胞、ネアンデルタール人、セックス(両性生殖)、生命の起源など、さまざまな事例でのゲノムの働きをとらえながら、つねに「遺伝子間の相互作用」を中心に据えることでのみ「生命の論理」を理解できることを、平明な言葉で語ります。

目次

第1章 八つの簡単なステップを経て進化するがん
第2章 敵はあなたをどう見ているか
第3章 セックスの目的は何か?
第4章 クリントン・パラドックス
第5章 複雑な社会に暮らす放埒な遺伝子たち
第6章 チューマン・ショー
第7章 要は、どう使うかだ。
第8章 窃盗、模倣、イノベーションの根
第9章 物陰の知られざる生命
第10章 フリーローダーとの勝ち目のない戦い

著者等紹介

ヤナイ,イタイ[ヤナイ,イタイ] [Yanai,Itai]
ニューヨーク大学医学部教授(生化学・分子薬理学)・計算医学研究所所長。ハーバード大学、ワイツマン科学研究所(イスラエル)、イスラエル工科大学(テクニオン)准教授(生物学)・テクニオンゲノムセンター所長を経て現職

レルヒャー,マルティン[レルヒャー,マルティン] [Lercher,Martin]
デュッセルドルフのハインリッヒ・ハイネ大学教授(生物情報学)。ケンブリッジ大学でPhD(理論物理学)取得後、バース大学(イギリス)とハイデルベルクのヨーロッパ生物学研究センターでゲノムを研究

野中香方子[ノナカキョウコ]
翻訳家。お茶の水女子大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HoneyBEE

20
利己的な遺伝子の関連書籍として。知っているようで知らないことばかりで情けない。ダーウィンの論とラマルクの論の違いとか。遺伝子の家系図、コピーの間違い、重複。さらっと流し読み。2017/06/23

kaizen@名古屋de朝活読書会

16
#説明歌 遺伝子の研究発展応用法社会基盤と発現機能2017/09/03

HMax

8
ゲノム、遺伝子の世界をわかりやすく説明してくれる良書です。人間の遺伝子の2/3がフリーローダーというのも驚きですが、ネアンデルタール人が同じ「人類」であり、現代ヨーロッパ人の多くがネアンデルタール人から有用な免疫系を引き継いでいるそうです。人種差別なんかちっちゃなことだなと思ったら、人種差別のようなものも遺伝子のなせる業らしいので、ゲノムの世界はまだまだ分からないことだらけ。 ハダカデバネズミの寿命が30年!憎まれっ子世に憚るですか。2017/01/14

GASHOW

8
およそ世間が漠然とした遺伝子についての疑問を解決してくれる。有性生殖でないと種は滅びてしまう理由。人類もあと100万年までにY遺伝子がなくなり男性がいなくなる。リチャードドーキンスの「利己的な遺伝子」が発表されたあとのゲノム解析の結果から当時に分からなかった知見が入っている。SFで優秀な遺伝子のクローンをつくるという発想があるが、まるで間違いで単に種の滅亡を最短にする方法にすぎないことがわかる。2016/11/15

こうや

6
次世代に運ばれ存続したい、という利己的な動機を共有している。という本書の文から分かるように遺伝子は人間そのものであり人間は遺伝子そのものということがわかる。自由意志ってなんだろう、と考えてしまう。2017/09/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11129291

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。