草思社文庫<br> 南蛮幻想〈上〉―ユリシーズ伝説と安土城

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

草思社文庫
南蛮幻想〈上〉―ユリシーズ伝説と安土城

  • 井上 章一【著】
  • 価格 ¥1,320(本体¥1,200)
  • 草思社(2021/08発売)
  • ウェブストア限定 全点ポイント5倍キャンペーン(6/24~6/28)※店舗受取はキャンペーン対象外※
  • ポイント 60pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年06月28日 02時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 394p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784794225306
  • NDC分類 521.82
  • Cコード C0121

出版社内容情報

16世紀に成立した建築様式である天守閣。
時が下って江戸期、「天守閣にはキリストが祀られている」
という説が突如広く流布し始める。
さらにその後、日本起源説、中国建築の影響説と、
時とともに目まぐるしく変化する、天守閣をめぐる言説の数々。
はたして、天守閣にヨーロッパ文明は関係しているのか、
それとも日本固有の文化なのか。

各時代の膨大な歴史家の記述、建築史学の研究などを横断し、
真っ当な研究からトンデモ説までをふくむ
多様な言説を分析してゆくなかで浮かび上がる、日本人の幻想の系譜。
芸術選奨文部大臣賞受賞作。
<目次より>
第一章 天守閣と天主教
 ハワイにそびえる天守閣
 十八世紀からの都市伝説
 太秦のネストリアン
 クルスの家紋
 江戸の西洋史
 キリシタンへの想像力
 伊丹城に天守閣はあったのか
 天主にまつわる諸宗教
 歴史家たちのヨーロッパ
 擬洋風建築の天守閣

第二章 日本、中国、そしてヨーロッパ
 日本文化がかがやくとき
 黄昏のマンチェスター学派
 モダン・デザインにながされて
 石垣から読めること
 『天守指図』とカテドラル
 八角形がひめた謎
 よみがえるヨーロッパ
 日本から中国へ
 天道思想とキリスト教
 芸能史か、思想史か
 建築か、宗教か
 国語辞典の天守閣

第三章 織部灯籠とキリシタン
 『古都』と『舞姫』
 つくられた伝説
 灯籠を売るひとびと
 学問と信仰

内容説明

16世紀に成立した建築様式である天守閣。時が下って江戸期、「天守閣にはキリストが祀られている」という説が突如広く流布し始める。さらにその後、日本起源説、中国建築の影響説と、時とともに目まぐるしく変化する、天守閣をめぐる言説の数々。はたして、天守閣にヨーロッパ文明は関係しているのか、それとも日本固有の文化なのか。各時代の膨大な歴史家の記述、建築史学の研究などを横断し、真っ当な研究からトンデモ説までをふくむ多様な言説を分析してゆくなかで浮かび上がる、日本人の幻想の系譜。

目次

第1章 天守閣と天主教(ハワイにそびえる天守閣;十八世紀からの都市伝説;太秦のネストリアン ほか)
第2章 日本、中国、そしてヨーロッパ(日本文化がかがやくとき;黄昏のマンチェスター学派;モダン・デザインにながされて ほか)
第3章 織部灯籠とキリシタン(『古都』と『舞姫』;つくられた伝説;灯篭を売るひとびと ほか)

著者等紹介

井上章一[イノウエショウイチ]
1955年、京都府生まれ。京都大学工学部建築学科卒、同大学院修士課程修了。京都大学人文科学研究所助手、国際日本文化研究センター教授を経て現在、同所長。専門は建築史・意匠論。そのほか、美人論、関西文化論など多岐にわたる分野を独自の視点から考察した著書・発言で知られる。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

60
安土城の復元像は、博物館に最上部の模型が作られているが、天守の全体像については、いまだに議論が分かれていることを述べている。「天守指図」の出現はまさに画期的であり、具体的な文献の有無がいかに論争を左右するかがよくわかる。今は「天守」と書かれるが、もとは「天主」であり、安土城のものとされる「指図」にもそう書かれている。この言葉をめぐってキリスト教との関係とその否定など、江戸期からの建築学説がたえず時流にのって揺れ動いたありさまを詳しく述べていく。キリシタン文化の影響をみることは、果たして「幻想」なのか。2021/08/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18367304

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。