「陽」HARU Light & Letters―3.11見ようとすれば、見えるものたち。

個数:
電子版価格 ¥3,960
  • 電書あり

「陽」HARU Light & Letters―3.11見ようとすれば、見えるものたち。

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2021年05月07日 16時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4判/ページ数 96p/高さ 26X26cm
  • 商品コード 9784794225061
  • NDC分類 748
  • Cコード C0095

出版社内容情報

「なにもできない。でも、力になりたい。誰もがそう思った3.11から10年。」

震災直後から撮りためられた写真と、
これからの世界を透徹して見据えるための言葉でおくる、
気づきのための道標。

2011年3月11日、東日本大震災から10年の時が経ちました。
日本中が一丸となって復興に向かった被災直後。
それから月日が経ったいま、その後は順調でしょうか、停滞しているでしょうか。
見過ごしてはいけないことを、見過ごしてしまってはいないでしょうか。
またその間にも、熊本地震や豪雨、台風、さらに新型コロナウィルスと、絶え間なく巨大な災厄が降りかかりました。
未だに出口の見えない困難をたくさん抱えたこの10年間から、私たちは何を学び、何を生かすことができるでしょうか。
大きすぎる出来事を前にしても、諦めずに目を凝らして見れば、見えてくるものがあるはずです。
3.11から。現代社会から。見ようとすれば、見えるものたち。

・寄稿:玄侑宗久(作家・臨済宗福聚寺住職)

内容説明

東日本大震災から10年。今また前例のない災厄の渦中にある我々は、どう生きるべきか。逆境を力に変え、未来への希望を手にする道。