徳大寺有恒のクルマ運転術 アップデート版 (アップデート版)

個数:

徳大寺有恒のクルマ運転術 アップデート版 (アップデート版)

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年05月21日 23時55分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794221926
  • NDC分類 537.8
  • Cコード C0065

出版社内容情報

初心者からベテランまで、数多くのドライバーを上達させてきた名著に、自動ブレーキをはじめとした新しい自動車技術、最新クルマ選び事情などの情報を『間違いだらけ』編集部が加えて、アップデート。読むだけで運転がうまく、より安全で楽しくなる。教習所では教えてくれない安全で快適な自動車ライフのための徳大寺メソッドの運転バイブル。

◎「 ドラテク」より他者とのコミュニケーション能力が大切だ
◎ 運転は運動神経ではなくアタマでするものである
◎ 信号の変わりぎわの右折は、あえてゆっくり行うべし
◎ ドライビングポジションがダメだと運転がヘタになる
◎ 狭い道でのすれ違いは、路肩に寄せず、対向車に寄せる
◎ 2 車線あれば右側車線を通った方が安全だ
◎ 駐車で無駄な苦労をしないためのテクニックと知恵
……など、クルマ界巨匠によるすぐ効く
アドバイスが満載!

【著者紹介】
1939年東京生まれ。成城大学経済学部卒。初代クラウンが登場した1955年に運転免許を取得。1964年日本グランプリでレーサーとしてデビュー。その後、トヨタワークスチームを経て、フリーの自動車ジャーナリストに。1976年小社刊『間違いだらけのクルマ選び』で自動車評論の新境地を開拓、社会に衝撃を与える。以降『年度版間違いだらけ』を2004年まで刊行、復活した『2011年版』からは島下泰久氏との共著として刊行。2014年11月7日、急逝。『2015年版間違いだらけ』の原稿を書き上げた直後のことだった。そのほかの著書に『決定版徳大寺有恒のクルマ運転術』『新・女性のための運転術』『ぼくの日本自動車史』(以上、いずれも草思社)、『駆け抜けてきた―我が人生と14台のクルマたち』(東京書籍)、『俺と疾れ!! 自動車評論30年史―激動の20世紀編/変革の21世紀編』(講談社)などがある。享年74歳。

内容説明

初心者からベテランまで、長年にわたり数十万人のドライバーに名アドバイスを送り続けてきた著者による、最強の運転読本。最新のクルマ事情を反映させた、アップデート版。

目次

第1章 コミュニケーションしつつ安全に走る
第2章 これだけは知って欲しい運転の心構え
第3章 これが運転の基本だ
第4章 一般道はこう走れ
第5章 駐車をラクにする知恵とテクニック
第6章 高速道路はもっとも安全な道である
第7章 山道はこうやって走る
第8章 長距離ドライブのススメ
第9章 クルマのメンテナンスとトラブル対策
第10章 どんなクルマにどう乗るべきか

著者等紹介

徳大寺有恒[トクダイジアリツネ]
1939年東京生まれ。成城大学経済学部卒。初代クラウンが登場した1955年に運転免許を取得。1964年日本グランプリでレーサーとしてデビュー。その後、トヨタワークスチームを経て、フリーの自動車ジャーナリストに。2014年11月7日、急逝(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かぢゅ

27
以前この著者の運転術の本を読んでいて、被ってる内容もありました。運転に少し不安が出てきたなと思った時に読むと、安心できるというか運転する時の心構えの再確認ができます。2020/08/01

kubottar

21
車に乗ってかなり経つ人でも参考になります。車は反射神経ではなく頭を使って運転するモノだという考え方は彗眼だと思いました。免許を取ったばかりの人からベテランドライバーまで全員が頭を使った運転をしたら事故はなくなりますね。2017/06/27

梅干を食べながら散歩をするのが好き「寝物語」

12
徳大寺氏の最後の著書ということになるだろうか。懐かしい徳大寺節に満ちている。タイトルからテクニック紹介の本かと連想してしまうが、さに非ず。とにかく安全にクルマを運転し維持するノウハウを紹介する内容となっている。運転し慣れている人でも新しい発見があるはず。安全運転こそ楽しいドライブであるということを教えてくれる。2005年版をアップデートして著者の死後に刊行されている。ホンダs660なども登場するが、どこまで著者の直筆だろうか。著者以外の誰がどこをアップデートしたのか、それが唯一気になるところであった。2020/07/07

ヒロタカ。

6
自分が運転が苦手なのと、「車の運転は正確が出る。」みたいなことをいい人達に疑問を持ったので読み始めた。すごく分かりやすくて良かった。特に減速するのはブレーキだけではないというのがものすごく参考になった。ATで坂道とかでギアを変えたりするようになってから運転がスムーズになった。辞書的に持っておきたい。

Mik.Vicky

6
中学生の頃はこの手の本を好んで読んでいたが、自分で運転するようになってからは全く読まなくなった。図書館でふと目についたので借りてみた。運転ノウハウについては今更・・・という話も多かったが、はっと気付かされることもあった。軽とコンパクトカーの比較はナルホドと思わされた。妻がクルマを買い換える時が来れば普通車も十分検討に値すると思うようになった。2016/04/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10646905

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。