50歳を過ぎたら「粗食」はやめなさい!―「低栄養」が老化を早める

個数:

50歳を過ぎたら「粗食」はやめなさい!―「低栄養」が老化を早める

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年10月18日 03時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794218117
  • NDC分類 498.5
  • Cコード C0077

内容説明

たっぷり栄養をとっている人ほど、認知症・脳卒中になりにくい。やせている人ほど要介護になりやすい。低栄養が認知症、脳卒中、心筋梗塞を引き起こす…。5000人を超える高齢者の追跡調査でわかったこれまでの健康常識を覆す、目からウロコの健康長寿法。

目次

1章 人は「食欲」から老化する
2章 いつまでも元気な人ほど食い意地がはっている
3章 体をむしばむ「低栄養」の本当にこわい話
4章 老化を止める食べ方、早める食べ方
5章 新発見!「歩く速さ」と「握る力」と長寿の意外な関係
6章 豊かに食べて、豊かに老いよう

著者等紹介

新開省二[シンカイショウジ]
東京都健康長寿医療センター研究所 社会参加と地域保健研究チーム研究部長。医師・医学博士。1985年愛媛大学大学院医学研究科博士課程修了。愛媛大学医学部助教授(公衆衛生学)を経て1998年より東京都老人総合研究所勤務、2005年より現職。この間(1990‐91年)カナダ・トロント大学に旧文部省在外研究員として留学。日本老年社会科学会、日本老年医学会、日本体力医学会、日本衛生学会の各評議員や厚生労働省「健康度評価・個別健康教育WG」委員、長寿科学総合研究事業、健康科学総合研究事業、政策科学推進研究事業の主任研究者を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。