人はみな妄想する - ジャック・ラカンと鑑別診断の思想

個数:

人はみな妄想する - ジャック・ラカンと鑑別診断の思想

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 447,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791768585
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0011

出版社内容情報

知られざるラカンの全貌

本書は、精神病か神経症かを判断する「鑑別診断」に、
思想と臨床の両方から光をあて、
まったくあたらしいラカン像を提示しようとするまさに画期の書である。
そこから50年代、60年代、70年代と
ラカンに一貫したテーマがはじめて浮かび上がってくる。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

honyomuhito

68
フロイトは何かというとそれは性的なメタファーとか言い出すイメージだが本当にそうだったんすね。ラカンはフロイトへの回帰を主張した。仮説、検証、結論が地道に繰り返し語られフロイトからラカンへの過程が丁寧に述べられているのだと思う。が、いかんせん基礎知識がない、歴史的背景を知らないので途中で飽きた。結局何もわかっていないことがわかった。読了しても多分わからないなと途中リタイア。最後まで読んだ人、良かったらかいつまんで教えてください。https://chirakattahondana.com/人はみな妄想する/2019/12/18

シッダ@涅槃

37
★★★★。労作である。読んだきっかけは千葉雅也『メイキング・オブ・勉強の哲学』で「ラカンの入門書編にオススメ」とあったから。タイトルも柔らかい言葉だし(「妄想」と言う言葉はすっかり希釈され定着している)、入りやすそうと読むものは裏切られるであろう。なにせテーマは「神経症/精神病の鑑別診断」なのだ。もしかすると立ち読みしていたら手に取らなかった本かもしれない。ともかく読めて良かったです。2018/06/02

34

24
この本のテーマはラカンにおける神経症と精神病の鑑別診断である。一見して特殊なテーマ選択にも見えるが、日本語で読めるラカンの解説書として、実はこれ以上ないほどスタンダードな内容となっている。テーマ選択の妙と言えるかもしれない。とくにほとんどのセミネールが翻訳されていて、日本でも比較的なじみのある60年代までの思想を扱った前半部分がすばらしい。ラカンを真面目に読んでみたいひとは、まずこの本を手にとって、それからセミネールを最初から順に、もしくはどれか一つを選んで読む、という入門の道筋がともかくはできた。2017/09/13

Bartleby

15
メモ① 「享楽がシニフィアンのシステムという法によって禁止されている、という事実は、「〈物〉への到達を禁止している法を侵犯transgressionしさえすれば〈物〉へと到達しうるのではないか」というさらなるファンタズムを掻き立ててやまない」p274. 60年代ラカン cf) カントの「物自体」、バタイユ『エロティシズム』(1957)2022/12/26

またの名

15
もちろん下ネタ的意味ではない。次々と概念を更新させ体系に収まらないセリー状に展開していったラカン思想の理論的変遷を明快に整理し、単数形の父の名がもはや確固たる正常を保証することも請け合えなくなった「みんな精神病=妄想する」時代の果てに、固有の享楽のモードを意味するサントームに辿り着いた精神分析の軌跡を恐ろしく理解可能な形で記述。数々のわけワカランシェーマをすっきり説明し、ドゥルーズとガタリ、デリダと共鳴しつつも終わりある分析にこだわるラカンに従う本書は、DSM全盛の現代に神経症/精神病の鑑別問題で応答。2015/06/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9691538
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。