• ポイントキャンペーン

犬と人が出会うとき―異種協働のポリティクス

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 462,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791766666
  • NDC分類 480
  • Cコード C0010

内容説明

おびただしい“種”の海に漂いさらされて生きてきたヒトという存在。われわれは異種のなかでこそ息づき、いまだかつて単独で人間だったことはないのかもしれない。犬のみならず猫や鶏、想像上の生物まで、非言語コミュニケーションの現場をトレースし、動物と人間の関係を圧倒的な知的離れ業で解き明かす冒険の書。

目次

第1部 私たちは、人間であったことなどない(種と種が出会うとき;価値を帯びた犬と生きた資本;苦しみを分かち合う―実験動物と人間の道具的関係;検証される生―純血腫の犬の世界での愛と知の実践;雑種犬のクローンを作製し、虎を救い出す―生命倫理の不安と豊饒という問題)
第2部 スポーツ記者の娘のノート(健常なからだと伴侶種;友として結ばれた種;コンタクト・ゾーンでトレーニングする―アジリティーというスポーツでの権力、プレー、発明)
第3部 絡みあう種と種(クリッターカム―自然文化の中の複眼;チキン;テクノ文化にあって伴侶種となること;最後の食事―滋味ある消化不良)

著者等紹介

ハラウェイ,ダナ[ハラウェイ,ダナ] [Haraway,Danna J.]
1944年コロラド州デンバー生まれ。イェール大学で実験生物学から科学史に転じ、生物学の博士号を取得。1980年からは、カリフォルニア大学サンタクルーズ校で、科学技術論とフェミニズム理論を講じる

高橋さきの[タカハシサキノ]
1957年東京生まれ。東京大学大学院農学系研究科修士課程修了、森林植物学専攻。以降、工業所有権の現場で、翻訳に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件