臨床社会学ならこう考える―生き延びるための理論と実践

個数:

臨床社会学ならこう考える―生き延びるための理論と実践

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月25日 18時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 344,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791765188
  • NDC分類 361
  • Cコード C0030

内容説明

ネオリベラリズムから教育、サブカルチャーまでを、現代社会に「生きる人びと」に寄り添いながら分析。ラカン派精神分析を用いた「臨床社会学」による現代社会へのアプローチ。

目次

1 基礎
2 理論(ポストモダン的「民意」への欲望と消費―転移空間としてのテレビにおいて上演される「現実的=政治的なもの」;「資本主義の言説」(ラカン)と「新しい心理経済」(メルマン)
現代社会における構築主義の困難
ジェンダーと現代の精神分析
ポストモダンにおけるメランコリーと倒錯)
3 実践(「リアリティショー」の社会学的分析;脱文化化と移行のない「移行空間」―宗教の脱文化化(「無知聖人」)と若者の「teuf」(飲んで騒ぐこと)の事例に見る
ケアの社会学的考察
フィンランドモデルを超えるために―「境界地」/教師の欲望/ヴィゴツキー的「現実界」
教育の心理学化―あるいはm´ediationとしての幻想と転移の倫理学)

著者等紹介

樫村愛子[カシムラアイコ]
1958年京都生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科社会学専攻博士課程満期退学。現在、愛知大学文学部人文社会学科教授。専門はラカン派精神分析の枠組みによる現代社会・文化分析(社会学・精神分析)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Akihiro Nishio

16
お知り合いの本。政治、メディア、資本主義、教育、ケアなどがラカン的に読み解かれるが、それらの領域に関する基本的な知識が足りないのと、ラカン本を読むのにブランクが長かったため、ほとんどついて行けず。全体を通して、イマジナリーなものが良い面と悪い面の両価性を持っていること、公共性を支えているイマジナリーが現代において弱まっているという話であったか。自信はないが・・。個人的にはケアの理論は、医学領域なのとフロイト的なので理解しやすかったし、ケア関係の非対称性は考えたこともなかったので面白いと思った。2017/05/13

Tomoko

0
専門用語がたくさんでとても難しかったけど、心理学で考えるとはかなり抽象的なことなんだと感じた。2013/02/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/288301
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。