眠られぬ労働者たち―新しきサンディカの思考

個数:

眠られぬ労働者たち―新しきサンディカの思考

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 228p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791763979
  • NDC分類 366
  • Cコード C0030

出版社内容情報

労働運動史の観点から、現代の労働問題を鋭く抉る激しい労働論。

内容説明

ポストフォーディズム、グローバリゼーション、そしてネオリベラリズム…虚ろな消費と競争の連鎖の中で、裏切られ続けている労働者たち。眠ることすらできない者たちに現実への蜂起をうながす新しい闘争のための理論。

目次

犬が野良犬になるについての労働の、あるいは戦争の役割
第二組合/スト破り/フレキシビリティ―裏切りの系譜学
ダンボールでみる夢
階級的罹災論―都市と第三世界と“ラディカルな”マルサス主義
一九四九年、反革命攻勢
鎌とハンマーと、そして言語と―ポストフォーディズムにおける“道具”的理性
“疚しさ”の有無―能動的ニヒリズムの現在
流出と疎外―“一と多”をめぐるポストフォーディズムの考察
眠れぬ人々について―それゆえ痙攣すること、不自然であること

著者等紹介

入江公康[イリエキミヤス]
1967年生まれ。早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程後期単位取得退学。現在、大学非常勤講師・専門学校非常勤講師。専攻は社会学、労働運動史、社会政策(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まつゆう

0
いわゆる思考畑の本としては教科書のように良くできた本。改めてパオロ・ヴィルノの射程が広いと感じた一冊でもある。2015/03/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/48605

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。