認知行動SST〈上巻〉基礎・実践ガイド編

個数:

認知行動SST〈上巻〉基礎・実践ガイド編

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2019年09月19日 15時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 424p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784791110193
  • NDC分類 493.76
  • Cコード C3011

目次

第1部 CBSSTの背景、エビデンス、実施準備(統合失調症の生活機能を改善する;CBSST―エビデンスに基づく実践;CBSSTを始めるにあたって;アセスメント―CBSSTの効果を測る)
第2部 実践ガイド(導入と目標設定のためのセッション;認知技能モジュール;SSTモジュール;問題解決技能モジュール;特徴のある参加者たち)

著者等紹介

熊谷直樹[クマガイナオキ]
医師、精神保健福祉センター長。鳥取県出身。東京大学医学部医学科卒業(1985年)。東京大学医学部附属病院精神神経科デイホスピタルのプログラムへのSSTの導入に参画(1988年)。東京都立中部総合精神保健福祉センターのデイケアプログラムとしてSSTを立ち上げた(2001年)。現在、同センター所長。精神保健指定医、SST普及協会認定講師

天笠崇[アマガサタカシ]
医師、労働衛生コンサルタント。埼玉県出身。東京医科歯科大学医学部医学科卒業(1987年)。みさと協立病院で急性期SSTプログラムを立ち上げ(1990年)。2000年より職域のメンタルヘルス対策でSSTを実践。メンタルクリニックみさと(2002年)、医療法人財団東京勤労者医療会代々木病院精神科でSSTを立ち上げ(2013年)。現在、同科長、(公財)社会医学研究センター代表理事。精神保健指定医、社会健康医学博士、SST普及協会認定講師

瀧本優子[タキモトユウコ]
精神保健福祉士、大学教授。大阪府出身。大阪府立大学社会福祉学部卒業。大阪府立大学大学院社会福祉学研究科修士課程修了(1994年)。大阪府こころの健康総合センターデイケアでのSSTプログラムに参画(1995年)。以降、精神障がい、発達障がいのある方を中心に精神科医療機関や地域の就労支援施設、保健所、更生保護施設等でのSST、家族SST実践と大学教育(PSW課程)でのSSTを行う。現在、梅花女子大学心理こども学部心理学科教授、SST普及協会認定講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。