関係フレーム理論(RFT)をまなぶ―言語行動理論・ACT入門

個数:

関係フレーム理論(RFT)をまなぶ―言語行動理論・ACT入門

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2020年02月20日 14時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 369p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784791108626
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3011

内容説明

ACTの基礎理論としてのRFTを分かりやすく解説する!!本書は、関係フレーム理論の概略と臨床適用のポイント、前提となる機能的文脈主義やオペラント学習の理論、スキナーによる言語行動やルール支配行動について分かりやすく解説する。

目次

第1部 関係フレーム理論の背景(徹底的行動主義と基本的な行動分析の諸原理;「考える」と人間の言語;「考える」ということ持っている力は、臨床に関連した問題なのか)
第2部 関係学習(派生的関係反応:人間の言語の基本要素;アナロジー、メタファー、そして自己の体験;関係フレームづけとルール支配行動;人間の言語が持つダークサイド)
第3部 臨床上の意味(学習理論と心理療法;臨床行動分析の実践にあたっての全般的な指針;結果に注目しながら文脈を変える;先行事象に注目しながら文脈を変える)

著者等紹介

トールネケ,ニコラス[トールネケ,ニコラス] [T¨orneke,Niklas]
精神科医、認定心理療法家。スウェーデンのカルマー(スウェーデン南西にある都市)で個人開業をしている

山本淳一[ヤマモトジュンイチ]
臨床心理士。臨床発達心理士。1980年、慶應義塾大学文学部卒業。慶應義塾大学大学院博士課程心理学専攻を修了後、明星大学人文学部、筑波大学心身障害学系助教授を経て、2001年より慶應義塾大学文学部教授。専門は、臨床発達心理学、応用行動分析学。カリフォルニア大学サンディエゴ校客員教授(2007~2008年)

武藤崇[ムトウタカシ]
臨床心理士。1992年、筑波大学第二学群人間学類卒業。1998年に筑波大学大学院心身障害学研究科修了(博士(心身障害学);筑波大学)。筑波大学心身障害学系技官・助手(1998~2001年)、立命館大学文学部助教授・准教授(2001~2010年)を経て、2010年より同志社大学心理学部教授。ACBS(The Association for Contextual Behavioral Science)の日本支部である「ACT Japan」の代表(2010年~現在)

熊野宏昭[クマノヒロアキ]
医師・臨床心理士。1985年、東京大学医学部卒業。東京大学心療内科医員、東北大学大学院医学系研究科人間行動学分野助手、東京大学大学院医学系研究科ストレス防御・心身医学(東京大学心療内科)助教授・准教授などを経て、2009年から、早稲田大学人間科学学術院教授。心身症、摂食障害、パニック障害などを対象に、薬物療法や面接治療に加え、認知行動療法、アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)、マインドフルネスなどの行動医学的技法を積極的に用いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。