メチルフェニデート徐放錠を用いたADHDの薬物療法と心理社会的治療

個数:

メチルフェニデート徐放錠を用いたADHDの薬物療法と心理社会的治療

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 218p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784791107599
  • NDC分類 493.937
  • Cコード C3047

目次

第1章 ADHDの概念と診断(ADHDの臨床像と病態;ADHDの生物学的病態 ほか)
第2章 メチルフェニデート徐放錠によるADHD治療(メチルフェニデートの薬理学的特性;中核症状に対する臨床効果 ほか)
第3章 ADHDの包括的治療(心理社会的治療をベースとした包括的治療の意義;子どもへの治療アプローチ ほか)
第4章 症例と対応の実際(顕著な不注意症状に対し、メチルフェニデート徐放錠が著効を示した1例;併存する反抗挑戦性に改善が見られた1例 ほか)

著者等紹介

岡田俊[オカダタカシ]
児童精神科医、医学博士。1997年に京都大学医学部を卒業後、同大学院医学研究科博士課程脳病態生理学講座(精神医学)を経て、2001年より京都大学医学部附属病院精神科神経科助手、2010年より京都大学大学院医学研究科精神医学分野講師。京都大学医学部附属病院では、児童外来、チック外来を担当。その他、子育て支援機関やカウンセリング機関の嘱託区、特別支援学校の学校医、特別支援教育体制推進事業専門家チーム委員などを務める。学会活動等:日本精神神経学会(専門医、指導医)、日本児童青年精神医学会(編集参与、薬物療法に関する検討委員会委員)、日本生物学的精神医学会、Society for Neuroscience(米国)、日本臨床精神神経薬理学会(専門医)、日本精神科診断学会、日本ADHD学会(理事)、近畿精神神経学会(評議員)、「臨床精神薬理」編集委員

山下裕史朗[ヤマシタユウシロウ]
小児神経科医、医学博士。1983年に久留米大学医学部を卒業後、1987年に同大学院医学研究科を卒業。1990年から93年まで米国ベイラー医科大学小児神経部門リサーチフェロー。2005年から米国以外では初のADHD児への夏期治療プログラムを久留米で開催。2005年より現在、久留米大学小児科准教授。2010年より島根県立大学客員教授も兼任している。学会活動等:日本小児科学会専門医、日本小児精神神経学会、日本ADHD学会(理事)、日本小児神経学会、日本赤ちゃん学会(評議員)、「脳と発達」編集委員、Brain and Development編集補佐、日本LD学会公認特別支援教育士スーパーバイザー、NPO法人にじいろCAP理事、NPO法人くるめSTP理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。