怖れを手放す―アティテューディナル・ヒーリング入門ワークショップ

個数:
電子版価格 ¥1,870
  • 電書あり

怖れを手放す―アティテューディナル・ヒーリング入門ワークショップ

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年05月21日 06時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791106905
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C0011

内容説明

心のやすらぎは意外なところにあります。心の平和を手に入れるためにアティテューディナル・ヒーリングでもいかがですか。怖れを作り出すのは、過去や未来から聴こえてくる雑音です。まずは「聴く」ことに集中してみましょう。私たちは相手の話だけを聴いているわけではありません。必ず同時に自分の考えを聴いています。過去のデータベースも未来も手放して、今この瞬間の音を聴く。

目次

1 入門ワークショップを始めるにあたって
2 アティテューディナル・ヒーリング・グループのガイドライン(指針)―グループが目指していく方向
3 アティテューディナル・ヒーリングの中心となる考え方
4 アティテューディナル・ヒーリングのサポートモデル(スター)―こころの平和チェックリスト
5 アティテューディナル・ヒーリングの原則―こころの平和を選ぶための十二の柱
6 アティテューディナル・ヒーリングのグループ―「聴く」姿勢を身につけるためのトレーニング
7 アティテューディナル・ヒーリングを深めていくためのトレーニング―入門ワークショップ後のステップアップ
8 入門ワークショップの終わりに
(参考)アティテューディナル・ヒーリングの原則の一つの定義(パトリシア・ロビンソン)

著者等紹介

水島広子[ミズシマヒロコ]
慶應義塾大学医学部卒業・同大学院修了(医学博士)。慶應義塾大学医学部精神神経科勤務を経て、現在、対人関係療法専門クリニック院長、慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科)、アティテューディナル・ヒーリング・ジャパン代表。2000年6月~2005年8月、衆議院議員として児童虐待防止法の抜本改正などを実現。1997年に共訳「うつ病の対人関係療法」(岩崎学術出版社)を出版して以来、日本における対人関係療法の第一人者として臨床に応用するとともに普及啓発に努めている。2005年12月~2006年7月には、米国に住みアティテューディナル・ヒーリング・センターでボランティア兼研修。2006年10月にアティテューディナル・ヒーリング・ジャパンを立ち上げ、ワークショップやサポートグループを展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

西嶋

9
水島広子によるAHの解説はとても参考になるが、大元のジャンポルスキーらの説く内容はスピリチュアル過ぎてついていけない、ついていきたいと思わない。2018/01/26

ベラ

7
「怖れ」を手放し、「あたたかい心」を持つ練習ができるのがアティチューディナル・ヒーリング(AH)だと理解しました。あたたかい心と聞いただけで、うるっとくるほどなつかしく、求め続けてきたものがこれだと思った。繰り返し、これはできなければならないもの(ルール)ではなく、ガイドライン(指針)なのだと、完璧主義(怖れに由来する)に陥らないように注意を促してくれているのもわかりやすかった。怖れとあたたかい心の見分け方は、練習が必要なのでアティチューディナル・ヒーリングのサポートグループに行ってみたい。良い本です。2016/11/21

okaching

6
この本はこれから先も読み続けるんだろうなと思う。攻撃に対して反撃か逃走のどちらかの行動をいつも取ってしまう自分にがっかりしてきたが、攻撃を攻撃と思わないというのは衝撃的。これから二三年かけてものにしていきたいなー2018/05/21

Rie

6
本当の意味でこれを身につけるには実践、訓練が必要になるかとは思うけれども、読んで楽になれた。私にとってはとても為になる本だった。2013/04/13

ぎゅう

5
「許しとは手放すこと、アティテューディナルヒーリングとは自分、他人、世界を裁くことなく見られるようになるための道。世の中には温かい心(愛)と怖れのどちらかしかない。私達が幸せになるために誰も変わる必要はない。自分自身を幸せにできるのは自分だけ。他人の粗探しをするのは自分の中にある同じ欠点怖れを見たくないから。」などなど。 書いてあることは真理をついています。この気持ちを持って生きたいと思う。ワークショップも少し気になる。2021/04/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/371056

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。