精神科臨床とは何か―日々新たなる経験のために

精神科臨床とは何か―日々新たなる経験のために

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 216p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784791105670
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0047

出版社内容情報

《内容》 精神医学がかつてないほど注目を浴び、また必要とされている現在、精神科医の臨床力がますます問われるようになってきている。本書では、精神科臨床学の真の担い手である著者が、研修医をはじめ精神医学を学ぼうとするすべての人に向けて、精神科臨床の基礎から実践までをわかりやすく解説、臨床現場に必要な感覚を養うことができる。

目次

第1講 「精神」の扉を開く
第2講 脳と心
第3講 「私」が立ち上がるとき
第4講 言葉への道
第5講 臨床的他者論―患者とどう向き合うか
第6講 精神科面接の基礎
第7講 治療と文化―臨床をとりまくもの
第8講 精神科臨床のゆくえ

著者等紹介

内海健[ウツミタケシ]
1955年東京都生まれ。1979年東京大学医学部卒業。東大分院神経科にて臨床に従事。1995年帝京大学医学部精神神経科学教室。同助教授。専攻は精神病理学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カイザー

1
読みやすくわかりやすい、そして内容の濃い一冊です。なんとなくですが、著者の人柄の良さが感じられ、読んでいて心地良いです。事例も統合失調症を中心に、結構載っています。2013/11/12

まめ

1
非常に読みやすく一気に読み通すことができた。 全8編の講義からなっており、精神科医として、どのように患者、他者に向き合ったらよいのかを改めて考えさせられた。2013/01/20

うめ0505

0
遺伝子の乗り物であるはずの生体が、主体というヘゲモニーを持つ。精神はこの逆転劇から始まる。深い本です。2011/08/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/454036

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。