精神療法の実践的学習―下坂幸三のグループスーパービジョン

個数:
  • ポイントキャンペーン

精神療法の実践的学習―下坂幸三のグループスーパービジョン

  • 広瀬 徹也【編】
  • 価格 ¥3,630(本体¥3,300)
  • 星和書店(2004/11発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 165pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 185p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784791105595
  • NDC分類 493.72
  • Cコード C3011

内容説明

帝京大学精神科学教室で長らく行われてきたグループスーパービジョンの記録を基にした精神療法の実践的入門書。下坂幸三氏の検討会から、摂食障害を中心に難治性の入院5症例が提示されて、下坂氏のスーパービジョンとグループ討論、主治医の感想、下坂氏の全体を通しての「ひとこと」から成っている。研修1、2年目の若手精神科医が熱心に治療に取り組む様子を疑似体験でき、若い精神科医が精神療法の基本を学習する書。

目次

1 夫の改造計画を企てた女性
2 家庭内暴力を伴う過食症の1例
3 中学1年生からナイフによる手首自傷を繰り返す女性
4 人間関係において、認識に誤りの多い女性患者
5 初回精神病エピソードで多彩な経過を示した思春期女性
下坂ゼミ11年をふり返って

著者等紹介

広瀬徹也[ヒロセテツヤ]
1937年大分県に生まれる。1961年東京大学医学部卒業。1968年日米科学協力事業麻薬中毒研究班より6カ月間ニューヨークに派遣され、主としてマンハッタン州立病院で麻薬中毒の研究に従事。1976年帝京大学医学部精神科助教授。1987年帝京大学医学部精神科教授。2002年(財)神経研究所・晴和病院院長、帝京大学名誉教授

下坂幸三[シモサカコウゾウ]
1929年東京に生まれる。1950年私立順天堂医学専門学校卒業。1952~73年順天堂大学医学部精神医学教室に勤務。助手、講師、助教授を歴任。1973年東京新宿区にて下坂クリニックを開設、現在に至る
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カラ崎検査官

0
もともと精神分析全盛の時代を生きておられたのに、すでにこのころから家族療法の必要性に気づかれていた下坂先生はやはりご慧眼だったのでしょう。それにしても下坂先生のコメントはどれもわかりやすい。2020/01/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/442745
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。