抗うつ薬の時代―うつ病治療薬の光と影

個数:

抗うつ薬の時代―うつ病治療薬の光と影

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月04日 08時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 409p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784791105267
  • NDC分類 493.76
  • Cコード C0047

内容説明

うつ病が、なせ今日、これほどまでに一般的な病気になってきたのか?本書は、抗うつ薬の発見とその進展に焦点を当てながらも、精神医学の歴史をさかのぼり、時々の出来事を鋭く洞察する。薬の発見とともに現れてきた巨大製薬企業、著名な科学者や臨床医と巨大製薬会社との関わり、成功した薬と消えてしまった薬、ドーパミン仮説やアミン仮説などの神経科学の話題、など、現代医学の抱える問題点を著者ならではの視点から鋭くえぐっている。

目次

第1章 病、疾病、そして医薬
第2章 抗うつ薬の発見
第3章 他の条件が一定であれば
第4章 治療経験主義の試練
第5章 真実の心地よい姿
第6章 ルカ効果
第7章 エディプスからオシェロフへ

著者等紹介

ヒーリー,デーヴィッド[ヒーリー,デーヴィッド][Healy,David]
医学博士、精神科認定医。ウェールズ大学北ウェールズ心理学的医学部門のディレクター。トロント大学客員教授

林建郎[ハヤシタケオ]
1948年東京に生まれる。1970年上智大学外国語学部英語学科卒業。1970~1999年一部上場企業の海外駐在員として勤務。現在、精神医学・科学技術専門翻訳家(英語、仏語)

田島治[タジマオサム]
1950年群馬県に生まれる。1976年杏林大学医学部卒業。同医学部精神神経科入局。1981年杏林大学医学部大学院修了。医学博士。1990年杏林大学医学部精神神経科講師ならびに附属病院精神神経科病棟医長。1996年杏林大学医学部精神神経科助教授。2000年より杏林大学保健学部教授(精神保健学)、同医学部精神神経科兼担教授。主な研究テーマは不安とうつの基礎と臨床、抗うつ薬の作用メカニズム、臨床精神薬理学、コンサルテーション・リエゾン精神医学、悪性症候群の治療など。日本生物学的精神医学会評議員、日本総合病院精神医学会評議員、日本神経精神薬理学会誌編集委員、「臨床精神薬理」編集委員を務める。日仏医学会会員、New York Academy of Science会員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

学而

0
難解。専門的。通読不可。2009/11/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/182987

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。