月光のプリズム―心理療法からみた心の諸相

個数:

月光のプリズム―心理療法からみた心の諸相

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 226p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784791104857
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C0011

内容説明

人々の心の問題を扱う以上、「心」の機能を明確にすることは心理療法家にとって切実な課題である。本書は、心の概念の歴史的検討に始まり、心理療法の過程で生起する心的現象や様々な問題を心の観点から捉え、さらに具体的な症例の理解を試みている。心とは、心理療法とは何かに答えようとするひとつの試みがここにある。

目次

第1章 序
第2章 心理療法で心はどのように考えられてきたか
第3章 心の概念の歴史的検討
第4章 心の構造と属性
第5章 心理療法の過程で生じる心の諸相
第6章 治療過程論再考
第7章 症例の検討
第8章 終わりに

著者等紹介

石坂好樹[イシサカヨシキ]
昭和23年兵庫県生まれ。昭和48年京都大学医学部卒業。公立豊岡病院勤務を経て、現在、京都大学医学部精神科に勤務。専攻、児童青年精神医学、臨床精神医学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。