気分障害の臨床―エビデンスと経験

個数:

気分障害の臨床―エビデンスと経験

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 279p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784791103935
  • NDC分類 493.76
  • Cコード C3047

出版社内容情報

《内容》 本書は日本の気分障害研究の最先端を走る精神科医が、三者三様の立場から夜を徹して論じ合った記録である。躁うつ病の概念と診断、治療と経過などテーマ別に講義形式でエビデンスをまとめ、それらの臨床への応用や問題点について討論を試みた。気分障害を病む人の理解とケアーをどうすれば最善にもっていけるか、臨床医としての経験と治療姿勢をすべての精神科医に問う。

内容説明

本書は日本の気分障害研究の最先端を走る精神科医が、三者三様の立場から夜を徹して論じ合った記録である。躁うつ病の概念と診断、治療と経過などテーマ別に講義形式でエビデンスをまとめ、それらの臨床への応用や問題点について討論を試みた。気分障害を病む人の理解とケアーをどうすれば最善にもっていけるか、臨床医としての経験と治療姿勢をすべての精神科医に問う。

目次

1 気分障害の診断と治療の要点(気分障害の診断と治療の要点を語る)
2 概念と診断(躁うつ病の概念における歴史的変遷と今日の診断基準;気分障害のコモビディティ;特殊な気分障害―軽症のうつ病、混合状態、ラピッドサイクラーについて;気分障害と人格)
3 治療と経過(治療的観点から見た気分障害の経過;新世代の抗うつ薬;気分安定薬の臨床的特徴と注意点)