治療の展開

治療の展開

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 211p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784791103591
  • NDC分類 493.76
  • Cコード C3047

内容説明

本書は一九九五年三月三十一日~四月二日の三日間行った「分裂病の精神病理と治療・第八回ワークショップ」の記録である。

目次

慢性分裂病状態に見られる「初期分裂病症状」とその治療的意義
幻声に対する精神療法の試み―患者の幻声体験のとらえ方に変化を与え、幻声への対処力を増すための認知療法的接近法
分裂病者の「重さの感覚」をめぐって―“硬さ”と“やわらかさ”の観点から
慢性分裂病者の社会復帰と責任性について
分裂病治療の臨床的基盤―自己回復力の精神生物学
近年増加傾向にある治療困難な若年分裂病者の精神病理と治療―構造化されない極期をもつ分裂病の不安と退行をめぐって
分裂病治療における非特異的なるものをめぐって
緊迫困惑気分に潜む加害・自罰性―分裂病初期状態における自殺に関連して

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

丸坊主

0
かつて精神医療の現場で働いていた時に読みました(PSW的な仕事でした)。医療の専門的な内容になるとお手上げでしたが、事例から話を進めている論文が多く、そちらはなんとか付いていけました。医師や看護師以外の方でも、精神医療に携わっている方なら読んで損はないと思います。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1036122

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。