心理臨床学の冒険

個数:

心理臨床学の冒険

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年05月21日 22時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 172p/高さ 19X13cm
  • 商品コード 9784791102211
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3011

内容説明

心理臨床における〈枠〉というものについて共通の関心を持ち、かつ少しずつ異なった発想を持っていた各々がお互いのやり方に興味をもって集まり、シンポジウムを行った。本書は、その成果をまとめたものである。それぞれが独自のやり方で〈枠〉というものについて模索してきた見解を紹介している。〈枠〉というものについて新たな視点を切り開いてくれる書である。

目次

枠の機能と枠内構造「ここ」
バウム・テスト枠づけ法と九分割統合絵画法
描画空間成立過程に体験される枠の意味―大学生を対象にした実験的研究より
見える枠と見えない枠
心理療法の「枠」は誰が決めるのか―枠、コミュニケーション、関係
座談会「心理療法と枠」
心理療法と〈枠〉―解題と展望
心理臨床学の冒険―あとがきに代える断章