広告のクロノロジー―マスメディアの世紀を超えて

個数:

広告のクロノロジー―マスメディアの世紀を超えて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月18日 18時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 287p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784790714477
  • NDC分類 674.21
  • Cコード C1036

内容説明

デジタル化、ネットワーク化、モバイル化―激変するメディア環境のなか、テレビを中心とするマス広告は朽ちつつあるのか。過去と現在を同時に見据え、未来への胎動を探る、世紀を超えた年代記。

目次

第1部 広告史の諸相(広告の生まれるところ;ポスターの社会空間;戦前の関西広告史をめぐって;昭和前期の『広告界』;広告賞の政治学;プロパガンディストの読書空間)
第2部 広告の現在に向けて(画期としての一九五一年;広告クリエイティヴにおける二つのビッグバン;広告/身体/アイデンティティ;広告を文化として語る社会―日本の一九七〇~八〇年代を題材として;日本のテレビCMの困難をめぐって;アジア消費社会と広告)

著者等紹介

難波功士[ナンバコウジ]
1961年大阪市生まれ。博報堂に在籍中、東京大学大学院社会学研究科にて修士号を取得。現在、関西学院大学社会学部教授。博士(社会学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。