• ポイントキャンペーン

Sekaishiso seminar
自閉症の社会学―もう一つのコミュニケーション論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 278p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784790713586
  • NDC分類 369.28
  • Cコード C1336

内容説明

自閉症の子どもを持つ理論社会学者が、わが子と接するなかで織り上げた柔らかな理解の仕方とは。自閉症を「特別」扱いしない視点を提案し、同時に「普通」の社会を見つめなおす双方向の入門書。

目次

『レインマン』と社会学
自閉症はスペクトラム―三つ組の障害
社会は目に見えるか―E.デュルケム
構造と主体の輪舞曲―A.ギデンズ
鏡の中の私―C.H.クーリー
意味のキャッチボール―G.H.ミード
電車と異星人―E.ゴフマン
高みの見物は可能か―エスノメソドロジー
おうむ返しの彼方に―会話分析
「社会化されなかった」子ども―「アヴェロンの野生児」
モノトラックとテクノロジー―ケータイ文化
学歴社会とピストル―教育
カレンダーとともに生きる―時間
二つの社会と自閉症―長いあとがき

著者等紹介

竹中均[タケナカヒトシ]
1958年生。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位取得満期退学。現職、神戸市外国語大学准教授。専攻は理論社会学、日本文化論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。