画聖 北斎・春画

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 158p/高さ 30cm
  • 商品コード 9784584131138
  • NDC分類 721.8
  • Cコード C0072

内容説明

名利を捨て、風狂の画家として生きた葛飾北斎とその高弟・柳川重信―。秘画に見る、官能美を追求した情念の結晶。

目次

葛飾北斎(艶本多満佳津良;喜能会之故真通;万福和合神;艶本拾遺)
柳川重信(恋のかけはし;三津世川極楽遊、他端本二冊;天の浮橋;春情花のにしき)

著者等紹介

福田和彦[フクダカズヒコ]
1929年大阪生まれ。文化学院文科、東京写真大学技術科を卒業後、アテネ・フランセに学ぶ。1958年より、金沢美術工芸大学産業美術学科主任を15年勤める。1963年、第一回国際工業写真展(旧チェコスロヴァキア)グランプリを受賞。1967年より東洋、西洋美術研究のため、インド、東南アジア各地、欧米諸国(イタリアを中心に)にて長期滞在生活を送る。代表作に、『江戸春画の性愛学』『春画浮世絵の魅惑』シリーズ(KKベストセラーズ)など著書百七十冊余。性哲学者・美術史家。WAS学会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。