Sekaishiso seminar<br> 子どもたちは変わったか

個数:

Sekaishiso seminar
子どもたちは変わったか

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 294p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784790713142
  • NDC分類 367.6
  • Cコード C1336

内容説明

どうして日本は「赤ん坊の生まれない国」に成り果ててしまったのか?小谷教授が過激な筆致で、世間にのさばる根拠なき偏見を一刀両断。「専業子ども」をめぐる世代間関係を描き出す、社会学的物語。

目次

1 神なき国の子どもの誕生―Ph.アリエスと日本の近現代
2 「専業子ども」と「教育ママ」―高度経済成長期における幼児期と社会
3 はじまりは、やはり鉄腕アトム―マンガ文化の社会学
4 永遠の子どもの方へ―「ナルシシズムの時代」とオタク文化の繚乱
5 漂流する家族・「破産される」学校―ポスト高度経済成長期の子ども世界
6 「禁じられた遊び」―いじめ花咲く天皇の逝く国で
7 仮面ライダーたちの変貌―ネオテニーの新世紀へ
8 妄想の共同体―「ユースフォビア」の起源と流行
9 オトナ帝国への逆襲―赤ん坊の生まれない国
10 人はパンのみにて生くるにあらず―教育改革と学力論議の徹底批判

著者等紹介

小谷敏[コタニサトシ]
1956年鳥取市に生まれる。1985年中央大学大学院博士後期課程満期退学。現在、大妻女子大学人間関係学部教授。専攻は現代文化論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。