所有と分配の人類学―エチオピア農村社会の土地と富をめぐる力学

電子版価格 ¥4,968
  • 電書あり

所有と分配の人類学―エチオピア農村社会の土地と富をめぐる力学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 324p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784790712947
  • NDC分類 611.924
  • Cコード C3039

内容説明

人びとは、富をいかに分け与え、「自分のもの」として独占しているのか?エチオピアの農村社会を舞台に、「所有」という装置が、いかに生成・維持されているのかを緻密に描き出す。「私的所有」という命題への人類学からの挑戦。

目次

序論(所有と分配の人類学;多民族化する農村社会)
第1部 富をめぐる攻防(土地から生み出される富のゆくえ;富を動かす「おそれ」の力;分配の相互作用;所有と分配の力学)
第2部 行為としての所有(土地の「利用」が「所有」をつくる;選ばれる分配関係;せめぎあう所有と分配)
第3部 歴史が生み出す場の力(国家の所有と対峙する;国家の記憶と空間の再構築;歴史の力)
結論(所有を支える力学)

著者等紹介

松村圭一郎[マツムラケイイチロウ]
1975年熊本生まれ。2005年京都大学大学院人間・環境学研究科文化・地域環境学専攻博士後期課程修了。現在、京都大学大学院人間・環境学研究科助教、博士(人間・環境学)。専攻、文化人類学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。