Sekaishiso seminar<br> 「反戦」のメディア史―戦後日本における世論と輿論の拮抗

個数:

Sekaishiso seminar
「反戦」のメディア史―戦後日本における世論と輿論の拮抗

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 386p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784790711964
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C3336

内容説明

国民は「先の戦争」に何を読み込んできたのか。「原爆」の語りと「沖縄戦」の語りにはいかなる相違があり、また、それらはどのように変化したのか。戦争観の位相差と変容、そして、世論popular sentimentsと輿論public opinionの葛藤を描いた、画期的な戦後メディア論。

目次

序章 「反戦」のナショナリティ
第1章 「前線」と「銃後」に映る自己像―『ビルマの竪琴』『二十四の瞳』
第2章 「学徒出陣」の語りと戦争体験―『きけわだつみのこえ』
第3章 「沖縄戦」を語る欲望の交錯―『ひめゆりの塔』
第4章 国民のアイデンティティと「被爆」―『長崎の鐘』『原爆の子』『黒い雨』
終章 「反戦」の世論と輿論―その限界と可能性

著者等紹介

福間良明[フクマヨシアキ]
1969年、熊本市生まれ。同志社大学文学部社会学科卒業。出版社勤務を経て、京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。京都大学博士(人間・環境学)。香川大学経済学部助教授。専攻は歴史社会学・メディア論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

non.

0
福間先生の講義を受け、授業の教科書・レポートの題材として読みました。今までは受動的にしかみていなかったものに隠された‥いや、見出だされ、解き明かされたものたちに、何度もはっとさせられました。クリティカルな視点に知性を感じます。

シュミットさん

0
活字や映画における「反戦」の「語り」とその大衆的な受容を、論理/理性/史実に力点を置く「輿論(ヨロン)」と、叙情/感情/心情に依拠する「世論(セロン)」のせめぎ合いから考察し、そこにナショナル・アイデンティティの生起を見ようとする意欲作。2009/09/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/87731

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。