Sekaishiso seminar<br> 構築主義の社会学―実在論争を超えて (新版)

個数:

Sekaishiso seminar
構築主義の社会学―実在論争を超えて (新版)

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年01月19日 13時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 369p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784790711773
  • NDC分類 361
  • Cコード C3336

内容説明

エンピリカルな構築主義の再興へ。新たな調査研究の実例を紹介し、エスノメソドロジーやルーマンとの対話を手がかりに、構築主義論争の決着を提示する。構築主義的研究の将来像を探る、待望の新版。

目次

1 事例研究編(クレイム申し立てのなかのレトリック―行方不明になった子どもという問題の構築;DSM‐3における心的外傷後ストレス障害(PTSD)―診断と疾病の政治学における事例
ストーカー行為の自然史―関係についての非対称な認識の展開過程
「推定無罪」と科学知識の社会学―成員の達成としての実在論VS.懐疑論)
2 理論編(オントロジカル・ゲリマンダリング―社会問題をめぐる説明の解剖学;構築主義論争の帰結―記述主義の呪縛を解くために;システム論的臨床社会学と構築主義;フィールド研究の倫理とエスノメソドロジー―社会リアリティの変化と社会理解ループの変化;構築主義アプローチの到達点―エンピリカルな見地からの課題と展望)

著者等紹介

平英美[タイラヒデミ]
京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。滋賀医科大学医学部教授。専攻は現象学的社会学

中河伸俊[ナカガワノブトシ]
京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。大阪府立大学人間社会学部教授。専攻は社会問題の社会学、社会理論、ポピュラー文化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。